ネモオーロラ、かずのこの活躍で上位争いに踏みとどまる/ストVオールスターリーグ(AbemaTIMES)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

ストリートファイターVのプロゲーマーが集った「RAGE STREET FIGHTER V All-Star League」の第7節、最下位のトキドフレイムと5位のネモオーロラの対戦が7月5日に行われ、ネモオーロラが3-1で勝利。通算成績を3勝4敗とし、3位争いに踏みとどまった。最下位のトキドフレイムは1勝6敗と上位進出は厳しい状況となった。

 調子が上がらないトキドフレイムは、全員が「打倒 ××」と書かれた鉢巻きをしめ、気合の入った表情。しかしリーダーのときど(使用キャラ・豪鬼)とふ~ど(ミカ)は対戦相手であるネモオーロラの選手名を書き込んでいたのに対し、マゴ(キャミィ)は「自分に打ち勝つ」ために自分の本名を書きこんでおり、笑いを誘った。

 ここで勝ち上位争いに踏みとどまりたいネモオーロラのリーダーのネモ(ユリアン)は、「試合前に笑わせてくれるのはいいけど試合中に笑わされるのはきつい」と、トキドフレイムのムードメーカーであるマゴを警戒していた。

 なんとかして2勝目を挙げて3位以上を狙う足がかりとしたいトキドフレイムだったが、ネモオーロラのかずのこ(キャミィ)が高い壁として立ちはだかった。

 かずのこは第1セットの中堅戦でマゴとの同キャラ戦を制してセット勝利をもたらすと、続く第2セットでは1-1で迎えた大将戦でときどと対戦。ほぼ互角の打撃戦を展開し、勝負どころではときどの動きを読んで中足キャンセルEXスパイラルアローを決め、第2セットもネモオーロラが獲得した。

 第3セットはトキドフレイムが粘りを見せて取り返し、2-1で迎えた第4セット。1-1で迎えた大将戦でかずのことときどがまたも激突した。

 1本目こそときどが圧倒して先制するが、2本目はかずのこが反撃。体力を半分以下に減らされながらも最後はクロススティンガーアサルトを豪快に決めて取り返す。

 3本目、あとがないときどは攻勢に出て、かずのこはあと一撃で倒されるところまで追いこまれてしまう。しかしここからかずのこは中足キャンセルスパイラルアローを軸にして反撃。あっというまにときどを追いこみ返すと、最後は投げを決めての大逆転勝利を挙げ、チーム勝利の立役者となった。

 4戦4勝の好成績をおさめたかずのこは「組み合わせはきつかったんですがどうにか勝てた」「この勝ちは自信につながる」と今後の反撃に含みを持たせた。

【試合結果】
ネモオーロラ 3-1 トキドフレイム

第1set

ネモオーロラ 2-1 トキドフレイム

○ネモ(ユリアン) - ふ~ど(ミカ)●
○かずのこ(キャミィ) - マゴ(キャミィ)●
●ストーム久保(アビゲイル) - ときど(豪鬼)○

第2set

ネモオーロラ 2-1 トキドフレイム

●ネモ(ユリアン) - ふ~ど(ミカ)○
○ストーム久保(アビゲイル) - マゴ(キャミィ)●
○かずのこ(キャミィ) - ときど(豪鬼)●

第3set

ネモオーロラ 1-2 トキドフレイム

○かずのこ(キャミィ) - マゴ(キャミィ)●
●ネモ(ユリアン) - ときど(豪鬼)○
●ストーム久保(アビゲイル) - ふ~ど(ミカ)○

第4set

ネモオーロラ 2-1 トキドフレイム

●ネモ(ユリアン) - マゴ(キャミィ)○
○ストーム久保(アビゲイル) - ふ~ど(ミカ)●
○かずのこ(キャミィ) - ときど(豪鬼)●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。