ニール・ゲイマン「墓場の少年」映画化を「プーと大人になった僕」監督が準備中(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

米ウォルト・ディズニー・スタジオによる、ファンタジー作家ニール・ゲイマンの小説「墓場の少年 ノーボディ・オーエンズの奇妙な生活」の映画化企画を、「ネバーランド」「プーと大人になった僕」のマーク・フォースター監督が準備していることがわかった。米Deadlineが報じた。

 原作は、赤ん坊の時に何者かに家族を殺され、迷い込んだ墓地で幽霊や超自然的存在に育てられた少年ノーバディ・“ボッド”・オーウェンの成長物語。2008年に出版され、権威ある文学賞のカーネギー賞とニューベリー賞を受賞した異色のファンタジーだ。

 映画版の脚本は、「ネバーランド」のほか「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」「メリー・ポピンズ リターンズ」の脚本を手がけたデビッド・マギーが担当。フォースター監督のプロデュースパートナー、レネ・ウルフがギル・ネッターと2Dux2のもとでベン・ブラウニングとともにプロデュースする予定。

 フォースター監督は、ヘレン・ミレンとジリアン・アンダーソン主演の「ホワイト・バード ア・ワンダー・ストーリー(原題)」と、トム・ハンクス主演の「A Man Called Otto(原題)」の2作品を仕上げに入っている。また、ゲイマンの代表作「サンドマン」の実写ドラマシリーズは8月5日からNetflixで全世界独占配信される。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



コメントは受け付けていません。