ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』はもともと長編映画の三部作となる予定だった(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

Disney+のドラマ『オビ=ワン・ケノービ』は、主演は変わらずユアン・マクレガーのまま、もともと長編映画の三部作として構想されていたようだ。
ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』にクレジットされた脚本家のひとりであるスチュアート・ビーティーは、The Directのインタビューで、自分が実際には制作チームと協働していなかったことを明かした。その代わり彼は、もともと企画されていたオビ=ワンについての3本の映画でシナリオを書いていたのだという。またビーティーによれば、その当時、ディズニーとユアン・マクレガーは三部作というアイデアに「間違いなく」乗り気であったそうだ。
「ドラマのベースとなった映画の脚本を書いたのは私です」とビーティーは語る。「1年から1年半ほどかかりました。しかし『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が公開されたあと、これ以上のスピンオフ映画を制作しないことが決定した際、私はプロジェクトを離れ、ほかの仕事に取りかかったのです」
「(製作総指揮のジョビー・ハロルドが)やってきて、私の脚本を使い、2時間のものを6時間に変えました。そのため、私は一切彼らと一緒に仕事をしていません。元が私の脚本だったので、クレジットに名前が載ったというだけです」

「オビ=ワン・ケノービ」画像・動画ギャラリー

ビーティーがルーカスフィルムに3本の映画を売り込んだのは、「エピソード3/シスの復讐」のオビ=ワンが、「エピソード4/新たなる希望」のベンとなるまでに3度の進化を経る必要があると考えたためだという。
「最初の進化を描いたのが第1作で、これがドラマとなりました。それは『フォースの意志に身を委ねよ。自らの意志を伝え、自らの意志を捨てよ。あの子のことは放っておけ』というものでした」とビーティーは説明する。「第2作では、ケノービが最後に行き着く場所を描こうと考えました。そして、オビ=ワンの物語の中でも最も心を動かすシーンはおそらく、『新たなる希望』で自らを犠牲にしたシーンです」
「素晴らしいシーンですし、泣けますよね。しかし、立ち止まって考えてみると、かなり唐突でもあります。敵と戦い、ルークと会って、「私は死ぬ」となるわけですから。私からすれば、そこには事前の計画が必要だったのです。そのことが起こる前に心の準備が必要だと思いました」

ビーティーは第3作の構想に関しては明かさなかったが、ディズニーとルーカスフィルムが「スター・ウォーズ」の主要な部分を占めるストーリーを映画からドラマに変更して、三部作の計画が中止となったとき、彼はものすごく落ち込んだという。
「まったく打ちのめされました。ひどく落ち込み、完全に打ちひしがれました」と彼は言う。「しかしそこはビジネスですから、いいときもあれば悪いときもありますよね。ドラマが作られたということはうれしいです。よかったと思います。語られた自分のストーリーには誇りを持っています」

ルーカスフィルムの社長であるキャスリーン・ケネディは今年5月、今の「スター・ウォーズ」に求められるのは三部作ではなく永続的なストーリーテリングであると語っていた。次に公開が予定されている映画作品は『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティが監督するものである。この映画は、新キャラクターを主人公にした「ユニバースを広げる」作品になるという。
この新しいやり方はどうやらうまくいっているようだ。IGNのレビューでは『オビ=ワン・ケノービ』に10点中8点のスコアを与え、「強力なオープニングとエンディングではさまれた『オビ=ワン・ケノービ』は、『シスの復讐』と『新たなる希望』の間をじゅうぶん効果的につなぐことができた」と評価した。

【広告】

【ファイテン公式】

 RAKUWA磁気チタンネックレスで

コリを緩和!




コメントは受け付けていません。