トム・ホランドは『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』後もMCUでスパイダーマンを演じるようだ(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:IGN JAPAN

トム・ホランドはマーベル・シネマティック・ユニバースのスパイダーマンを引き続き演じるようだ。『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』はまだ公開されていないが、プロデューサーのエイミー・パスカルは、ソニーは「トム・ホランドとマーベルとともに次の『スパイダーマン』映画を制作する準備をしている」と説明している。
今月上旬、トム・ホランドの発言がファンの間で話題となった。ホランドは、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の公開後、ピーター・パーカーを演じ続けるかどうかわからないと話していた。しかしながら、「スパイダーマン」のプロデューサーのエイミー・パスカルは、Fandangoのインタビューでホランドはスパイダーマンを引き続き演じると述べた。
「私たちがマーベルと制作するのはこの映画が最後ではありません。これは最後の『スパイダーマン』映画ではありません」とパスカルは言っている。「トム・ホランドとマーベルとともに次の『スパイダーマン』映画を製作する準備をしています。次の作品はその一部で……私たちは三部作を考えています。これから、次の3作品に進もうとしているんです。ですから、これが私たちの最後のMCU映画ではありません」

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」画像・動画ギャラリー

ホランドが次の三部作の契約にサインしたかどうかについては触れられていないが、ソニーはスパイダーマンを長期的なものとして考えているようだ。MCUとソニーにはそれぞれ別の「スパイダーマン」ユニバースがあるが、そのクロスオーバーについては、パスカルは「そうですね。マーベルとソニーはパートナーとして一緒に進めていくつもりです」と言っている。さらに、ホランドがMCUではない作品に出演することがあるかどうかという質問に対しては、「私たちはみんな一緒に映画制作をしていきたいと考えています。この答えでいいでしょうか?」と答えている。
しかしながら、ソニーのスーパーヒーロー映画のアプローチはMCUのマルチバース、あるいは、ソニーのスパイダーバース映画を中心にしたものだけというわけではないともパスカルは言っている。「複数のパラレルユニバースはとても多くのおもしろいストーリーになりますが、どの映画もみなマルチユニバース内になる必要はないと思っています。とても楽しいとは思いますし、この映画は確かにそうです」
ソニーがホランドと引き続き一緒にやりたいと考えていることは驚きではない。ホランドのスパイダーマンは大成功を収めており、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は今年最大のヒット作の1つになると言われている。『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の前売り券の発売日には、アクセスが多すぎて複数の販売サイトがダウンしてしまったということからもその人気は証明されている。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2022年1月7日公開予定。過去の「スパイダーマン」映画のヴィランたちも登場する。さらにシークレットもあるようだが、それは公開日に実際に観なければわからないようだ。今わかっているのは、ホランド演じるパーカー自身がもっと画面に登場しているだろうということだ。

【広告】

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

                    「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。