タランティーノ監督、ノベライズ版「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」を出版(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

クエンティン・タランティーノ監督が、出版社ハーパーコリンズと2冊の出版契約を結んだと、米Deadlineが報じている。

【フォトギャラリー】「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」場面写真

 1冊目は、2019年に劇場公開された監督第2作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のノベライズ本で、テレビ俳優リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)と、スタントマンのクリフ・ブース(ブラッド・ピット)の人生を掘りさげた内容になっているという。

 タランティーノ監督は、このノベライズ本出版発表に伴いコメントを発表。「70年代の映画のノベライズ本こそ、成長過程においてはじめて読んだ大人向けの図書でした。映画のノベライズ本の愛好家として、文学において疎外されつつも愛されているサブジャンルに『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を加えることができて、とても誇りに思っています」と思い入れを語った。

 2冊目は、「シネマ・スペキュレーション(原題)」と題されたノンフィクション本だ。1970年代の映画を題材に、エッセイや映画評、「もし~だったら」という仮定に基づいた創作などがまとめられたものだという。

 タランティーノ監督は、10作品を公開したら、映画監督を引退すると宣言していることで知られる。これまで9作品を監督しており、第10作となる次の監督作の詳細は不明。だが、引退後を見越して今回の契約を結んだのかもしれない。

 タランティーノ監督による新刊2冊は、来年夏にアメリカで刊行予定。

【広告】



工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントは受け付けていません。