ソニーがPlayStation Storeにおけるデジタル版販売の独占について訴訟問題に直面(IGN JAPAN)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:IGN JAPAN

PlayStation向けのデジタルゲームをPlayStation Storeでしか購入できないのは違法の独占市場となっているとの消費者の訴えから、ソニーが訴訟問題に直面している。
Bloombergの報道によると、消費者が起こした集団訴訟はデジタル版が公式のPlayStation Storeでしか購入できないことに対するものだという。ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、オンラインと実店舗の小売店で販売されているパッケージ版よりもデジタル版を175%高い価格とすることが可能となっている。『Returnal』など、最近のゲームの価格は70ドル(7000円強)程度であることを考えると、人々がお買い得な品を探そうとする理由もわかるだろう。しかしながら、デジタル版を購入したい人にはPlayStation Storeでソニーが提示している価格で購入する以外に選択肢がないのだ。

「Sony PlayStation」画像・動画ギャラリー

「ソニーの独占市場は、PlayStationのデジタル版のゲームを競争水準を上回る価格で販売することを可能にしている。明らかにパッケージ版の小売市場での販売価格よりも高い値段であり、デジタルゲームを販売している競合と比較してもかなり高い価格になっている」と訴訟では説明されている。
ソニーは、2019年にAmazonなどのサードパーティの販売業者でのPlayStationのデジタルダウンロードコードの販売を停止した。任天堂もまた同様で、ヨーロッパの販売業者がファーストパーティゲームのデジタルコードの販売を停止している。
ソニーはほかの販売業者によるデジタルダウンロードコードの販売は停止しているが、PlayStation Storeで使用できるプリペイドカード「PlayStation Store カード」の販売は認めている。しかしながら、この場合もソニーが提示した価格でゲームを購入することに変わりはなく、同じゲームのパッケージ版に対して販売業者が設定している値段がそれより安くても、その価格で購入することはできない。

【広告】

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。