スティーブン・セガールの代表作「沈黙の戦艦」がリブート(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

スティーブン・セガールの代表作「沈黙の戦艦」を米ワーナー・ブラザースがリブートすることがわかった。

 米Deadlineによれば、リブート版は「V/H/S ネクストレベル」「悪魔に呼ばれる前に」「シャドー・オブ・ナイト 」で知られるインドネシア人監督ティモ・ジャヤントがメガホンをとり、「ケイト」(メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ウッディ・ハレルソン出演)のウマイア・アレムが脚本を務める。リブート版はジャヤントとアレムが立ち上げた企画で、HBO Maxでの配信が予定されている。なお、セガールが復帰するかは明らかになっていない。

 1992年の映画「沈黙の戦艦」は、かつて米海軍特殊部隊の兵士だったコック長のケイシー・ライバック(セガール)が、核兵器を搭載した巨大戦艦ミズーリをジャックしたテロリストたちと戦うサスペンスアクション。アンドリュー・デイビス(「逃亡者」)が監督し、トミー・リー・ジョーンズがテロリストのリーダーを演じた。本作は世界興収1億5600万ドルの大ヒットを記録し、その後セガール主演のアクション作品は「沈黙」シリーズとして定番化している。

 ジャヤントはリブート版「沈黙の戦艦」のほかに、韓国の大ヒットゾンビ映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」を米ニューラインがリメイクする新作「Last Train to New York(原題)」の監督を務めることが決定している。

【広告】

                              SUGAR BISKET

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントは受け付けていません。