ジョニー・デップが全力モノマネ! 伝説のシンガー、シェイン・マガウアンとの出会いを語る(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:映画.com

伝説のパンクバンド「ザ・ポーグズ」のシェイン・マガウアンの人生に迫るドキュメンタリー「シェイン 世界が愛する厄介者のうた」が、本日6月3日に公開を迎えた。同作の製作は、シェインの30年来の友人でもあるジョニー・デップ。映画公開を記念したデップ、ジュリアン・テンプル監督のインタビュー映像を、映画.comが先行入手した。

【動画】「シェイン 世界が愛する厄介者のうた」インタビュー映像:モノマネを披露するジョニー・デップ

 アイリッシュ・パンクという一大ジャンルを築き上げ、ヨーロッパで最も人気なクリスマス・ソング「ニューヨークの夢」といったヒット曲で知られる伝説の英パンクバンド「ザ・ポーグズ(THE POGUES)」。そのフロントマンで、多くのミュージシャンが愛して止まない天才シンガー、シェイン・マガウアンの破天荒すぎる音楽人生を映し出す。

 インタビュアーとして出演もしているデップは、シェインの還暦パーティーでギターを弾いたり、結婚式へお祝いに駆けつけるほどの関係性。そんな親交が深い2人が出会ったのは、今からおよそ30年前のロンドンだった。

 デップ「シェインに初めて会ったのは僕がロンドンにいた時だった。ビリヤード台に座っていたシェインを紹介されたんだ。左手にはボロボロのアコースティックギター。右手にはビールを持ってた。まったくの初対面だった。紹介されて、あいさつをしたら彼はこんな感じだった」

 そう振り返ったデップが、身振り手振りでシェインを全力でモノマネ。「どうにか僕を見ようとしてたんだろうな」と話しつつ、“何を言っているのかわからないシェイン”を真似ていく。「それが出会いだ、最初のね。それでもう僕は嫌われたんだと思った。憧れの人に嫌われたとね」と心の内を明かす。

 「翌日、シェインが会いたいと言っていると電話があった。それで友人になったんだ。彼はこうやって人を試すのさ」とその後の展開を明かしたデップ。すると、テンプル監督は「アイルランドの偉人と同様、彼なりの流儀がある」と説明している。

 インタビュー映像とともに、パブで語らうデップとシェインの姿をとらえたカットも公開。シェインの妻ビクトリアも加わっており、家族ぐるみの仲の良さがうかがえる。

【広告】

      【FC東京】チケット販売



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。