ジョジョ声優・ファイルーズあい「時が止まった」愛の瞬間 空条徐倫役の決定時に運命 【前編】(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

Netflixで全世界独占先行配信され、1月7日からTOKYO MX、MBS、BS11他にてテレビ放送がスタートするアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』。本作で主人公・空条徐倫を演じているのが、出演決定時に「『ジョジョの奇妙な冒険』は私が声優を目指したきっかけであり、私の人生にはなくてはならないとても大切な作品」とコメントするほど、『ジョジョ』シリーズの大ファンでも知られる人気声優・ファイルーズあいだ。テレビ放送開始に合わせ、改めて『ジョジョ』や徐倫への思い入れや魅力などを質問し、あふれ出る“ジョジョ愛”満載の言葉で語ってもらった。

【動画】「全部好き!」ジョジョ愛を熱く語った声優・ファイルーズあい

■ジョジョ最初の出会いは第6部 「徐倫をやらせてもらえることは“運命”」

 アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン』は、『週刊少年ジャンプ』で1999年~2003年に連載された漫画が原作。恋人とのドライブ中、交通事故に遭遇した空条徐倫は弁護士と恋人のロメオにハメられ、15年の刑務所暮らしが確定してしまうことから始まるストーリー。徐倫役のファイルーズあいのほか、エルメェス・コステロ役を田村睦心、フー・ファイターズ役を伊瀬茉莉也、エンポリオ・アルニーニョ役を種﨑敦美、ウェザー・リポート役を梅原裕一郎、ナルシソ・アナスイ役を浪川大輔、空条承太郎役を小野大輔が担当している。

――熱狂的なジョジョ好きとしても知られるファイルーズさんですが、改めて『ジョジョ』シリーズとの出会いを教えてください。

【ファイルーズあい】 『ジョジョ』は人気の作品で、インターネットでも名言を引用して使われている方も多く、それで興味を持ったのがきっかけです。そこから「このセリフはどういう意味?」とか「『ジョジョ』が元ネタなのか」とか調べ、本屋さんに行ったら『ストーンオーシャン』の1~5巻が売っているのを見かけました。「これが『ジョジョ』の1巻だ!」と思い、ちゃんと確認せずに買って読んだら、全然ストーリーがわかりませんでした(笑)。

――「ジョジョ」という文字と、「1巻」という数字に安心してしまったのですね。

【ファイルーズあい】 そうなんです(笑)。調べたところ、第6部の1巻ということを知ったのですが、1、2巻を読んだだけで徐倫というキャラクターにすごく惹かれました。めちゃくちゃ強くてカッコいいし、『こんなヒロイン見たことない!』と衝撃を受け、徐倫のことをもっとちゃんと知りたいと思い、中学2年の時からちょっとずつお金を貯めて第1部の『ファントムブラッド』から購入、高校1年生の終わりぐらいに第7部の『スティール・ボール・ラン』に追いつきました(ドヤ顔)。

――なかなか壮大な計画ですね。それにしても徐倫に興味を持ったにもかかわらず、よくぞ第1部まで戻り、しかも挫折することなく読破するのはすごいと思います。

【ファイルーズあい】 ハマったら、物語は一から十まで知りたいタイプなんです。全部知りたいし、中途半端がイヤだったので第1部『ファントムブラッド』から読みましたし、作品の舞台になっている時代、19世紀のイギリスにも魅力を感じていました。シリーズの中でも『ファントムブラッド』は「原点にして頂点」で、ちょっとお耽美な雰囲気にも心引かれて一気に読みました。

――もちろん好みに年齢は関係ないと思いますが、中学生ころにあの世界観というのは、少し刺激的で衝撃的だとは思うのですが、そのあたりはどうでしたか。

【ファイルーズあい】 最初はダニーが焼却炉に入れられるシーンを見て、『えっ!?』と思いましたけど(笑)。ちょっとグロテスクな表現にも耐性がありましたし、もともとホラー映画が小さいころから大好きだったので。

 いま改めて思うのは、最初に触れた『ジョジョ』が第6部の『ストーンオーシャン』で、こうして主人公の空条徐倫をやらせてもらえるってことは“運命”だなと思います。あの日、手を伸ばして取る行動をしたからこそ、ここにたどり着けたという想いがあります。本当にうれしいです!

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉活髪精華


・白髪や抜け毛が増えてきたと感じる方に
・黒々とした健康的な毛髪を維持したい方に

健康的な毛根や毛髪を維持するためのセラムです。

コメントは受け付けていません。