ジェームズ・キャメロン監督『アバター』最新作、12・16公開決定 場面写真解禁(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

2009年に公開され、それまでの映像界の常識を一変させた革命的超大作『アバター』(ジェームズ・キャメロン監督)から13年。再び、パンドラの世界へ全人類を誘う最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の日本公開日が、全米公開と同時の12月16日に決定。あわせて、美しいナヴィの少女が描かれたポスター、そして静止画であっても「観る」の先にある“超現実”を感じずにはいられない場面写真が解禁となった。

【動画】『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』最新作特報

 舞台は1作目から約10年後、地球からはるか彼方の惑星パンドラの神秘的な世界。元海兵隊員のジェイク・サリー(サム・ワーシントン)はパンドラの一員となり、先住民ナヴィの女性ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)と結ばれる。家族を築き、子どもたちと平和に暮らしていたが、再び人類がパンドラに現れたことで、神聖な森を追われ、未知なる“海の部族”の元へ身を寄せる。だが、美しい海辺の楽園にも、侵略の手は迫っていた…。

 解禁された場面写真からは、キャメロン監督が創造した世界の一端が垣間見え、エモーショナルに満ち溢れた物語も同時に予感させる。静止画であっても、深淵なる海の拡がりや、躍動感あふれる生物たちの息遣いが感じられ、キャメロン監督によって生み出された“究極のリアリティ”がある。

 映画館だけが可能にする圧倒的没入感、今人類が体感することのできる最高の「映像体験」であることにこだわり抜いたキャメロン監督によって、私たちは「観る」の先にある“超現実”に心奪われるに違いない。

■『アバター』(2009年)あらすじ

 22世紀、希少鉱物を求めた人類は地球から遠く離れた惑星パンドラで〈アバター・プロジェクト〉に着手していた。“ナヴィ”と呼ばれるこの星の種族と人間のDNAを組み合わせた肉体〈アバター〉を操作員の意識で操ることで、人に有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採掘する。この計画に参加した元兵士ジェイクは車椅子の身だったが、〈アバター〉を得て体の自由を取り戻す。惑星パンドラの地に降り立ち、ナヴィの族長の娘ネイティリと恋に落ちるジェイク。しかし彼はパンドラの生命を脅かす任務に疑問を抱き、この星の運命を決する選択を強いられていく…。

【広告】

      【FC東京】チケット販売



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。