コロナ禍の首都圏で「ミネラルウオーターが売れた」は本当? 最前線に迫る(アーバン ライフ メトロ)

出典元:アーバン ライフ メトロ

新型コロナ一色だった2020年。私たち消費者に身近な食品分野でも、売り上げを伸ばした品目とそうでない品目との明暗ははっきり分かれたようです。

【ランキング】Amazonミネラルウオーター売れ筋ランキング(TOP5)

 経済産業省が時節ごとの動向をまとめる「経済解析室ひと言解説集」(2020年12月3日)によると、「緊急事態宣言」が発令されるなどした同年3~5月、前年同月比で食料品の国内生産で際立った伸びを見せたのは、パスタや即席麺などの「麺類」です。

「3月から全国の学校が休校となり、急に給食などがなくなった小中高生などの昼食用需要が増えたことに加え、テレワークや外出自粛も広がった」ことが要因と指摘します。

 一方、同時期に大きく低下したのが「清涼飲料」。

 ただしこちらは品目別での増減差に開きがあり、通勤途中や外出先での購入機会が多いお茶飲料やコーヒー飲料が大幅に減少した半面、家庭で楽しむ緑茶葉やコーヒー豆、またミネラルウオーターなどは増加しました。

 ことミネラルウオーターに関しては、健康志向・衛生志向の高まりを背景に、東京をはじめとする首都圏であらためて注目する消費者が増えているとの声も。

 コロナ以前と以降で人々の意識はどのように変化したのか、実際に売り上げは伸びているのか、関係者などへの取材から直近の動向を探りました。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。