ケビン・ハート、自身をモデルにしたコメディアン役でドラマ初出演 ウェズリー・スナイプスと兄弟役(映画.com)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:映画.com

人気コメディ俳優のケビン・ハートと、「ブレイド」シリーズのウェズリー・スナイプスが、Netflixの新リミテッドシリーズ「True Story(原題)」に兄弟役で主演することがわかった。

 米Deadlineによれば、「ナルコス メキシコ編」のエリック・ニューマンが脚本を執筆し、ハートと制作総指揮を務める。ハートの製作会社ハートビート・プロダクションがプロデュースする。

 全8話構成の本作は、ハート自身をモデルにしたフィクションで、コメディアンとして成功したキッド(ハート)がツアーで故郷フィラデルフィアに戻ってくるが、自分勝手な兄カールトン(スナイプス)のせいで窮地に陥り、これまで築いてきたすべてを失いそうになるというストーリー。フィラデルフィアでスタンダップコメディアンとしてデビューしたハートには、刑務所に出入りを繰り返していた兄がいるとのこと。本作はハートにとって初のテレビシリーズとなる。「ルーク・ケイジ」「サンズ・オブ・アナーキー」のチャールズ・マレーがショーランナーを務め、「ウォッチメン」のスティーブン・ウィリアムズと「スタートレック ピカード」のハネル・カルペッパーが前後半4話ずつ監督する。

 ハートは現在、ウッディ・ハレルソンと共演するアクションコメディ映画「The Man from Toronto(原題)」を撮影中で、同作は山下智久の出演も伝えられている。スナイプスは、エディ・マーフィと共演する「星の王子ニューヨークへ行く」の続編「Coming 2 America(原題)」が、2021年3月5日からAmazon Prime Videoで世界配信される。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。