ケイティ・ホームズ、新作で監督・主演・脚本・製作の4役に挑戦(クランクイン!)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:クランクイン!

ドラマ『ドーソンズ・クリーク』や映画『バットマン ビギンズ』、『ローガン・ラッキー』などで知られるケイティ・ホームズが、次回作『Rare Objects(原題)』で主演と監督、脚本、製作と、4役に挑むことが明らかになった。

【写真】懐かしいトム・クルーズとの“ハリウッドキス”!「ケイティ・ホームズ」フォトギャラリー

 Varietyによると、アメリカの作家キャスリーン・テッサーロの同名歴史小説を原作に、Yale Productionsとケイティの映画製作会社Lafayette Picturesが映画化するもの。フェドン・パパドプロスが彼女と共同で脚本を手掛ける。

 本作は、過去にトラウマを抱えた若い女性が、アンティークショップで働き始めたのをきっかけに、自分の人生を再建する道を模索する物語。店のオーナーから知恵とアドバイスを受け、暗い過去に打ち勝つ自信を身に付けるという。

 Yale ProductionsとLafayette Picturesは最近も、ケイティが主演・監督・脚本・製作を務めた映画『Alone Together(原題)』を手掛け、撮影を終えたところ。ケイティは2016年に公開された『私の居場所の見つけかた』で長編映画監督としてデビューを果たして以来、3本目の映画監督作品となる。

 またYale Productionsは、『ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則』のメイム・ビアリクが初めてメガホンを取った長編映画『As Sick As They Made Us(原題)』の製作を手掛けたばかり。こちらには、ディアナ・アグロン、ダスティン・ホフマンほか、キャンディス・バーゲン、サイモン・へルバーグらが出演している。

 『Rare Objects』はすでに米ニューヨークで撮影を開始。公開予定についてはまだ明らかになっていない。

【広告】 更年期?

《経典薬方》天王補心丹

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、肌の乾燥などに

コメントは受け付けていません。