グラミー賞アーティストが声優参加! ピクサー最新作「ソウルフル・ワールド」は音楽ファン必見(映画.com)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:映画.com

ディズニー&ピクサーの新作「ソウルフル・ワールド」が、12月25日からDisney+で配信中。同作には、グラミー賞アーティストたちが声優として参加している。

【フォトギャラリー】ピクサー最新作「ソウルフル・ワールド」

 「カールじいさんの空飛ぶ家」「インサイド・ヘッド」でアカデミー賞の長編アニメーション賞に輝いたピート・ドクター監督が手掛けた最新作で、ジャズ・ピアニストの夢を叶えたい音楽教師“ジョー”と、人間に生まれたくないソウルの女の子“22番”の冒険を描く。劇中にはジャズ音楽が散りばめられ、英語版には音楽界で活躍するミュージシャンやドラマーが声優として参加している。

 主人公ジョーに夢を叶えるきっかけを与えてくれる重要人物・カール役の声は、ヒップホップバンド「The Roots」のドラマーで音楽プロデューサーのクエストラブが担当。カウンセラーのジェリー役は、コメディアンのリチャード・アイオアディが声を吹き込んだ。アイオアディは、数々のミュージシャンのPVを手掛けたことでも知られている。

 ストーリー・スーパーバイザーのクリステン・レスラーは、「アイオアディの演技にすごく感心させられたわ。彼はカウンセラーの一人を演じることになって、レコーディングに来てもらったんだけど、私たちは彼の態度からインスピレーションを受けることになったの。キャラクターについても多くのことを学んだわ」と絶賛する。

 ジョーと理髪店で出会うポール役には、俳優でシンガーソングライターのダビード・ディグスが抜擢された。ディグスはミュージカル「ハミルトン」でトニー賞最優秀俳優賞を受賞し、キャストアルバムではグラミー賞を受賞している。ディグスとクエストラブは主人公と同じ黒人ということもあり、声優だけでなく文化コンサルタントとしても協力。ケンプ・パワーズ共同監督は、「二人から文化の違いをリサーチして、それをストーリーにも反映しているんだ」と明かしている。

 一方、日本語版も有名な音楽アーティストがカメオ出演。大ヒット曲「香水」が話題を呼び、NHK紅白歌合戦への出場も決定している瑛人が、ストリートミュージシャン役で出演し、本作のオリジナル楽曲「愛に満ちた世界」を披露している。さらに、英語版でディグスが声を吹き込んだポール役は、「ドラえもん」のジャイアン役でおなじみの人気声優・木村昴が担当。ラッパーとしても活躍する木村は、日本版エンドソングのラップ曲「ラッピン・セド」の歌唱と日本語訳も手掛けている。

 「ソウルフル・ワールド」は、Disney+で独占配信中。

コメントは受け付けていません。