クリスマスに聴きたいメタル名曲15選(Rolling Stone Japan)

出典元:Rolling Stone Japan

クリスマスといえばメタル。AC/DC、ディオ、KORNなどのヘヴィなリフが聖夜に轟く。サイレントでもホーリーでもないクリスマスソング15選。

【画像を見る】クリスマス大好きロブ・ハルフォード&メタル・クリスマス名曲プレイリスト

かつてスティーヴィー・ワンダーは「クリスマスには誰もが子供になる」と言った。スラッシャー系も例外ではない。メタルバンドは長年にわたり、上下反転させた十字架をこの時だけは元に戻し、もっともヘヴィで、やかましく、耳をつんざくホリデー賛歌をいくつか世に送り出してきた。今回は、これまでレコーディングされた中でもとくに拳を突き上げ、大絶叫し、ヘッドドバンギングして盛り上がれるヘヴィメタ・クリスマスソング15選をご紹介しよう。

AC/DC「ミストレス・フォー・クリスマス」

大部分の人々は世界中が善意に包まれることを願いながらクリスマスを過ごすが、AC/DCのブライアン・ジョンソンが望むのは火遊びを少々。「ミストレス・フォー・クリスマス」で、彼はサンタクロースにちょっとした情事をお願いしている。楽しんでいる様子から察するに、この年の彼は間違いなくサンタクロースの「悪い子」リストに名前が載ったに違いない。

トゥイステッド・シスター「ママがサンタにキスをした」

80年代に一般家庭を震撼させ、ペアレンツ・ミュージック・リソース・センター[訳注:過激な性表現や暴力的表現の音楽にステッカーを張ることを義務付ける倫理委員会]に真っ向勝負を挑んだトゥイステッド・シスターが、まさか全曲クリスマスソングのアルバムをリリースするなどいったいだれが予想しただろう? 驚くなかれ、バンドは「ママがサンタにキスをした」を比較的ストレートに演奏している。

タイプ・オー・ネガティヴ「レッド・ウォーター(クリスマス・モウニング)」

ブルックリン出身の洗練されたゴシック・メタルのひねくれ者連中は、彼ららしい暗鬱とした哀歌で過去のクリスマスの亡霊にとりつかれてしまった。ピーター・スティールは陰気くさい嗄れ声で、惜しくもこの世を去った友や家族を嘆き悲しむ一方、皮肉も忘れてはいない。“今年のテーブルセッティングはたった7人分/去年は11人で食卓を囲んだ”。代表的なクリスマスキャロル「鐘のキャロル」や「世の人忘るな」をわざと大真面目に引用している点にもご注目――この曲にインスパイアされた優秀なファンビデオも必見。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。