エリック・バナ主演でベストセラーを映画化! クライムサスペンス「渇きと偽り」9月公開(映画.com)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:映画.com

「ミュンヘン」「NY心霊捜査官」のエリック・バナが主演したクライムサスペンス「The Dry(原題)」が、「渇きと偽り」の邦題で、9月23日から公開されることがわかった。

【フォトギャラリー】「NY心霊捜査官」でのエリック・バナ

 世界的ベストセラーとなったジェイン・ハーパーのデビュー作「渇きと偽り」(ハヤカワ文庫刊)を映画化。12年ぶりのオーストラリア映画主演となったバナは、原作に惚れ込み、プロデューサーも兼任。「国内に限らず海外の映画館で、本作で描かれるような人口の少ないオーストラリアの地域を見せられることについて、とてもワクワクしています。オーストラリア人がどのように未開地を捉えているか、都市部、またその近隣に住む人がどのように今のオーストラリアを捉えているか、リアルに描かれた作品です」とコメントしている。

 過去と現在に起きた2つの不可解な事件を軸に、息の詰まるような人間ドラマが展開。物語の舞台となるのは、1年近く雨が降っていない架空の田舎町。干ばつに喘ぐ閉鎖的な田舎町で暮らす人々の憤り、焦燥感がサスペンスをに盛り上げていく。

 メルボルンの連邦警察官アーロン・フォークは、旧友であるルークの葬儀に参列するため、20年ぶりに故郷に帰ってきた。自ら命を絶つ前に自身の妻と子どもを殺したとされるルークは、10年以上も干ばつが続き、狂気に襲われたこの土地の犠牲者だと思われていた。気が進まないながらも、町にとどまって捜査を行うことにしたフォークは、自身の古傷となっている、当時17歳のエリー・ディーコンの死に向き合うことになる。

 やがて、フォークは数十年も離れて起こった2つの犯罪はつながっているのではないかと疑い始める。ルークの無実だけでなく、自身の無罪を証明すべく奔走するフォークは、彼に向けられた偏見や、怯えた住人たちが抱える鬱屈とした怒りと戦うことになる。

 「渇きと偽り」は、9月23日から新宿シネマカリテほか全国公開。

【広告】

                              SUGAR BISKET

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントは受け付けていません。