エドガー・ライト「スパークス」の音楽ドキュメンタリーを準備中(映画.com)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

[映画.com ニュース] 「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ベイビー・ドライバー」で知られるエドガー・ライト監督が、カルト的な人気を誇るアメリカのポップロック・バンド「SPARKS(スパークス)」のドキュメンタリー映画を企画中であることがわかった。

 米Indie Wireが、ライト監督が次回作のために同バンドのアーカイブ素材を集めていると報じた。今年5月に英ロンドンのO2・フォーラム・ケンティッシュタウンで開催された同バンドのコンサートを撮影したのは、ドキュメンタリー映画のためだとも伝えている。

 この記事に対し、ライト監督は自身のTwitterで「現在開発中の作品ではないが、企画していることは事実。とてもワクワクする企画なんだ」とコメントし、スパークスの「Something For The Girl With Everything」のミュージックビデオを紹介した。

 スパークスは、ロン・メイル(キーボード)とラッセル・メイル(ボーカル)の兄弟が1968年にロサンゼルスで結成したバンド。17年には9年ぶりのニュー・アルバム「ヒポポタマス」をリリースし、単独来日公演も行った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。