アフリカ原住民の暮らしから“冒険”が始まった 探検家社員「食べる繊維を日本に」スーパー大麦が日本に定着するまで(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

NHK『あさイチ』をはじめ、さまざまなメディアで取り上げられ話題となっている“水溶性食物繊維”。腸内環境を改善することから美容と健康のために目を向ける人は多いが、厚生労働省が推奨する“1日5グラム”を通常の食事で満たすのはなかなか困難。そこで注目されているのが、玄米の7倍もの食物繊維を含む「スーパー大麦 バーリーマックス(R)」。ファミリーマートではスーパー大麦を使用したおむすびや弁当を2017年から販売し、年間累計販売数2億食を突破するほどのヒット商品となっている。オーストラリアで10年もの歳月をかけて開発されたというこのスーパーフードは、どのような経緯で日本に持ち込まれたのか。そこには大手繊維メーカーとして知られる帝人で、“探検家”と呼ばれる一人の研究者の存在があった。

【動画】キーマカレー、サラダ、おつまみにも…スーパー大麦レシピ

■“着る繊維”から“食べる繊維”へ「食の世界で大きな変化が起きる」

 帝人で素材開発に従事する北薗英一氏は、新たな素材を探して世界を巡り歩いていたことから、社内では“探検家”というあだ名がつくまでに。大手繊維メーカーである帝人が、食材である「スーパー大麦」を売り出す…この発想自体が、社内では文字通り“冒険的”な出来事だったと振り返る。

「新たなビジネスシードとなるテクノロジーを探す」という社命を受け、素材を求めて海外を転々とする生活を続けていた北薗氏は、2008年から5年間、米カリフォルニア州・シリコンバレーに送り出されることに。IT企業の一大拠点として知られるシリコンバレーは、スタートアップが多数集まるイノベーションの聖地。リーマンショック直後で、多くの日本企業がシリコンバレーから撤退するのとは真逆に、単身、乗り込むこととなった。北薗氏が体感したのは、現地企業の“底力”だった。

「世界経済がめちゃくちゃ冷え込んでいる時でしたが、それでもシリコンバレーは脈々と動いていることに感動しました。特徴的だったのは、ITやヘルスケアはもちろん、食のジャンルでもスタートアップが出始めていることでした」(北薗英一氏/以下同)

 「これからは食の世界で大きな変化が起きるのではないか」。漠然とそんな思いを抱きながら帰国した2013年、「ヘルスケアで新しいことを探す」という会社からの新たなミッションが北薗氏のもとに舞い込んだ。『ネイチャー』や『サイエンス』などの学術誌に掲載されている論文を読み、世界中で腸内環境と健康についての研究が進んでいることに着目した北薗氏は、シリコンバレーでの経験から、「腸を〈食〉という切り口から考える」ことを発案。腸内環境に寄与するとして論文に取り上げられていた“腸内細菌”をキーワードに、菌のエサである食物繊維にフォーカスしたのだった。

「論文には、人の健康に大きな影響を与えるのが腸内細菌叢の腸内フローラであり、その状態を良好に保つためには、腸内細菌のエサとなる食物繊維が重要な働きをすることが立証されていました。それを知ったとき、これはチャンスだと思いました。というのも、うちの会社はもともと繊維のメーカーであり、繊維のプロ。これまで服や自動車に使われている繊維を扱ってきましたが、だったら食べる繊維にまで広げてもいいんじゃないかと考えたんです」

コメントは受け付けていません。