アネッテ・ヘスの小説を長田育恵の脚本で舞台化、劇団民藝「レストラン『ドイツ亭』」(ステージナタリー)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:ステージナタリー

劇団民藝「レストラン『ドイツ亭』」が2月3日から12日まで東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて上演される。

【画像】劇団民藝「レストラン『ドイツ亭』」チラシ裏(他2件)

「レストラン『ドイツ亭』」は1963年のホロコースト裁判を舞台に、若いドイツ人女性がたどった半生を描いた、アネッテ・ヘス作品。本作を、長田育恵の脚本、丹野郁弓の演出で舞台化する。

ドイツ・フランクフルトで通訳の仕事をしているエーファは、裁判での証言を控えたポーランド人の通訳を頼まれたことをきっかけに、思いもしなかった家族の過去を知ることになり……。出演者には加來梨夏子、石村みか、日色ともゑ、西川明らが名を連ねた。

■ 劇団民藝「レストラン『ドイツ亭』」
2022年2月3日(木)~12日(土)
東京都 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

原作:アネッテ・ヘス(原題「Deutsches Haus by Annette Hess」)
脚本:長田育恵
演出:丹野郁弓

□ キャスト
エーファ・ブルーンス:加來梨夏子
アネグレット・ブルーンス:石村みか
ユーディト・ブルーンス:日色ともゑ
ルートヴィヒ・ブルーンス:西川明
ユルゲン・ショールマン:岸野健太
ヴァルター・ショールマン:山本哲也
ミラー(検察官):箱田暁史
バウアー(検事長):千葉茂則
裁判長:みやざこ夏穂
弁護人:岩谷優志
アルベルト(被告人):松田史朗
ライナー(客):吉田正朗
ガボール(証人):天津民生
オットー(証人):田口精一
ムルカ(被告人):佐々木研
ムルカの妻:別府康子
ボーガー(被告人):境賢一
ジャスキンスキー:杉本孝次
ハイデ(看護師):高木理加
キュスナー(医師):本廣真吾
若い母親:増倉佑美
ナディア(証人):望月ゆかり
廷吏:平野尚
廷吏:横山陽介

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

              「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。