アダム・レヴィーン、一緒にスーパーボウルに出てくれる人が見つからない(ELLE ONLINE)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:アダム・レヴィーン(Adam Levine)GETTY IMAGES

スーパーボウルのハーフタイムショーに出演するのが夢だったというアダム・レヴィーン率いるマルーン5。ハーフタイムショーはメインのパフォーマーの他に数組のゲストが参加することも多い。2016年にはコールドプレイのステージにビヨンセとブルーノ・マーズが参加、2012年のマドンナはニッキー・ミナージュとM.I.A.を従えてパフォーマンスした。雑誌『USウィークリー』によるとレヴィーンたちは現在、そのゲストミュージシャンを見つけるのに苦労しているという。原因はレヴィーンたちにあるというよりNFL。人種差別に対する抗議行動にNFLが取った措置だという。2016年、警官による黒人差別に抗議したコリン・キャパニック選手が国歌斉唱の際に起立せず、跪いたことは大きなニュースになった。NFLはその後、国歌斉唱のときには起立することをルール化。その際に選手の意見を聞かなかったことから選手やチーム、ファンから不満の声が上がっていた。

【写真】スーパーボウルの歴代アーティスト衣装をプレイバック

セレブたちからもNFLに対する抗議が浮上。関係者は「今NFLと関係を持ちたいと思う人はいない」ため、ゲスト出演を望むミュージシャンもいないと語っている。レヴィーンたちはカーディ・Bが出演してくれることを望んでいたけれど関係者曰く「カーディは迷っていたが現時点では出演するつもりはない」。

コメントは受け付けていません。