アイドルステージ最新作『GS382』開幕、「なでしこに会いたかった」と満面の笑顔(チケットぴあ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:チケットぴあ

ネルケプランニング発のアイドルステージ最新作『GS382 ─暁の章─』が、12月9日に開幕。これに先駆け、報道陣向けにゲネプロが公開された。

アイドルステージ最新作『GS382』開幕、「なでしこに会いたかった」と満面の笑顔

これまで「少年ハリウッド」「プレゼント◆5」「三日月」「CHaCK-UP」「アンプラネット」といったアイドルグループを世に送り出し、ミュージカル『刀剣乱舞』などで知られる佐藤流司ら人気俳優を多数輩出してきた本シリーズ。今回は、前作『プライムーン』(2021年1月)に初登場した加賀深友、焼田侑弥、富蛇野 仁からなる3人組ユニット「GS382」の結成秘話が明かされる。

舞台は“STAGE(芝居)×LIVE”の二部構成。第一部では“劣等生”という共通項しかなかった3人が友情を育み、アイドルとして伝説をつくろうと決意するまでが綴られた。伝統工芸をこよなく愛する彼らは、通っている職人養成の専門学校で15回も落第してしまう。落とした単位の救済措置として伝統工芸を流行させる課外活動を命じられるも、腰は重たい。アイドル喫茶オレンジへ入り浸るそんな3人に、マスター兼「プレゼント◆5」のメンバー・茅嶋 暁は「アイドル活動で伝統工芸の魅力を発信してみては?」と提案する。

他メンバーに相談せず衣裳をつくってしまうほど協調性に欠ける深友、内気だがプライドの高い長髪メガネ姿の侑弥、「~であります」が口癖の金髪オタク・仁はそれぞれ個人主義で団結力が一切ない。しかし成績優秀な同級生・一橋キリコを介して出会ったYouTuberから深友の衣裳を粗末に扱われたことを機に、3人は互いを支え合う“仲間”の大切さを思い知って──。

第二部のライブパートでは、「GS382」として絆を深め精神的な成長を遂げた3人の進化がうかがえた。ポンコツぶりはなりを潜め、深友はワイルドに、侑弥は紳士的に、仁は無邪気にそれぞれの“なでしこ”(GS382ファンの総称)に向けて魅力を放つ。公式YouTubeのドルステ☆チャンネルで公開されている楽曲「まほろば」はもちろん、新曲「威風堂々」では情熱的なパフォーマンスを繰り広げた。

ライブには、深友・侑弥・仁の「GS382」に先立ってすでに人気者となっているアイドルユニット「プライムーン」の赤河 望・青羽 朔・浅黄 宵の3人も登場。白を基調とするプリンス然とした衣裳で優雅に登場し、「Prime of the moon」のほか、新曲「Moonlight Serenade」で客席を湧かせた。両ユニットが競演するクリスマスソングでは、ペンライトを胸に大いに盛り上がれるだろう。

公演は12月26日(日)まで。チケット販売中。

取材・文:岡山朋代

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。