ふぇぐ、世界王者のマナリア再び チームを2位へと導く/RAGE Shadowverse Pro League セカンドシーズン(AbemaTIMES)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:世界王者のふぇぐ

対戦型カードゲーム「Shadowverse(シャドウバース)」のプロリーグ、「RAGE Shadowverse PRO LEAGUE セカンドシーズン」の第7節が1月13日に開催され、3勝3敗と上位進出を狙うよしもとLibalent(以下Libalent)と1勝5敗で最下位の名古屋OJA ベビースター(以下名古屋OJA)が対戦。1-1で迎えた第3試合、昨年末に世界王者に輝き賞金1億円を手にしたふぇぐが接戦を制して勝利し、2-1でLibalentが勝利して貯金1とした。名古屋OJAは今期の負け越しが確定した。

 第1試合はLibalentのkeisuke3、第2試合は名古屋OJAのマサヤが勝利し、1-1で迎えた第3試合。Libalentは満を持してふぇぐが登場。名古屋OJAはえすぴーが迎え撃った

 第1バトルではふぇぐはドラゴン。えすぴーはロイヤルを使用。この試合はえすぴーが新カードの「炎獅子の大将軍」で完全に盤面を制圧。危なげなく勝利を決めた。第2バトル、あとが無くなったふぇぐは再びドラゴンを使用し、今度は世界王者の意地か、美麗なプレーを見せつけて勝利し、勝負は第3バトルへと持ちこされた。

 第3バトルではウィッチを使用したふぇぐが「マナリアナイト・オーウェン」を3枚ドローするという圧倒的なムーブを見せてえすぴーを圧倒。チームを勝利に導く貴重な勝ち星を挙げた。

 世界王者戴冠後、初のリーグ戦勝利となったふぇぐは「久しぶりにチームの勝利に貢献できてよかった」と謙虚に語った。

 次回第8節は1月20日に開催される。2位に浮上したよしもとLibalentは5位のAXIZと。なんとか最下位から脱出したい名古屋OJA ベビースターは首位のau デトネーションと対戦する。

 ◆RAGE Shadowverse PRO LEAGUE リーグ戦セカンドシーズンは10月から2月まで開催される。セカンドシーズン1位のチームには400万円。2位のチームには200万円。3位のチームに100万円が授与される。セカンドシーズン1位のチームは3月に開催されるリーグチャンピオンシップを戦う権利が与えられ、ファーストシーズン1位のレバンガ☆SAPPOROと年間チャンピオンの座を争う。

コメントは受け付けていません。