ぴあフィルムフェスティバル最高賞に石田智哉『へんしんっ!』 齊藤工は新人監督たちにエール(シネマトゥデイ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:シネマトゥデイ

25日、若手映画監督の登竜門として知られる「第42回ぴあフィルムフェスティバル」(PFF)のコンペティション部門「PFFアワード2020」表彰式が、国立映画アーカイブで行われ、グランプリに石田智哉監督の『へんしんっ!』が選ばれた。この日は、最終審査員を務めた映画監督の大森立嗣、映画監督の齊藤工(俳優名義は斎藤工)、boidを主宰する樋口泰人プロデューサー、画家の平松麻、映画監督の古厩智之も出席した。

【画像】今年のPFFアワード受賞者たち

 映画祭のメインプログラムである「PFF アワード」。今年、応募総数480本のなかからグランプリを受賞した『へんしんっ!』は、車いすに乗る石田監督が、しょうがい者の表現活動の可能性を探ったドキュメンタリー作品。映画製作を通じて、さまざまな人たちと関わり合うなかで、多様な違いを発見していくさまを描き出す。本作が初監督となった石田監督は、中学生のころ、自身に合った学習方法としてiPadを紹介され、映画制作に興味を持った。立教大学で映像制作系のゼミに所属。ボランティアサークルではバリアフリー映画上映会を行っていたという。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。