なんばグランド花月、約1年10ヶ月ぶり満員御礼 正月の明石家さんま興行も完売でにぎわい戻る(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

“笑いの殿堂”なんばグランド花月(NGK、大阪市中央区難波)の27日の通常公演が、2020年3月以来となる“大入り”満員御礼を記録したことが28日、わかった。「年末年始特別興行」が行われており、27日は朝・昼・夕の3公演とも完売し“大入り袋”が出された。きょう28日も昼、夕の公演が売り切れている。

【写真】なんばグランド花月の完売御礼を告げるチケット売り場

 予断は許さないものの、コロナ禍の長いトンネルの出口がようやく見え始め、難波・道頓堀には年の瀬の活気が戻った。吉本興業によると、NGKが満員御礼となるのは、新型コロナ感染が拡大する前の2020年3月1日に新看板お披露目公演を行って以来のことで、約1年10ヶ月ぶり。

 “笑い納め”を期待するファンが駆けつけ、勢いのある若手芸人から円熟味あふれるベテラン芸人、さらに落語や吉本新喜劇を楽しんだ。NGKのツイッターも「完売御礼」を伝え、「連日たくさんのお客様にご来場頂きありがとうございます」と感謝し、「笑い納めをなんばグランド花月で」と呼びかけている。正月を迎える準備も進み、劇場正面に門松も設置された。

 NGKでは大みそかまで「年末年始特別興行」を行い、年内最終公演は中田カウスや見取り図、インディアンスも出演する「2021笑い納め!今年もありがとう感謝祭!」で締める。そして、新年は明石家さんまが40年ぶりにNGKの正月興行に登場し、1月1日と2日に「笑輪の笑い~Born ready達~」を“さんまファミリー”で上演する。

 さんまの興行はすでに完売しており、2022年のNGKも満員御礼からスタートする。

【広告】

 

        美顔専門店のフェイシャルケア

基礎化粧品会社イービーエム直営の

肌にやさしいフェイシャルサロン。



コメントは受け付けていません。