なにわ男子・大橋和也『消しゴムをくれた女子を好きになった。』メインビジュアル公開&原作者コメント到着(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

なにわ男子の大橋和也が主演する7月25日スタートのドラマ『消しゴムをくれた女子を好きになった。』(日本テレビ/毎週月曜24時59分)より、主人公・福田悠(大橋)の13年の恋の軌跡をたどるメインビジュアルが解禁。さらに、本作の主人公でもある原作者からコメントが到着した。

【写真】なにわ男子・藤原丈一郎&Aぇ!group・小島健、大橋和也主演『消しゴムをくれた女子を好きになった。』で親友役に

 本作は、たったひとりの女性を中2の時から13年間思い続ける男の、実話に基づく、笑いあり涙ありの青春ラブストーリー。連続ドラマ単独初主演の大橋が、主人公・福田悠の中学生から社会人までを演じきる。

 中学2年の時、隣の席に座る女子・さとみがシャーペンの芯を切らして困っていた。見かねた僕は、自分のシャーペンの芯ケースをそっとさとみの机の上に置いたんだ。そしたらさとみは、突然持っていた消しゴムを半分に割って、その片方を僕に差し出して「ありがとう」と笑顔を見せた。僕の心は一瞬にしてさとみに奪われたんだ。この出来事から、僕の13年間の恋の話が始まる。さとみは僕の青春そのものになったー。

 メインビジュアルには、大橋演じる主人公・福田悠が、伊藤さとみ(福地桃子)に恋をする中学時代、急な別れの後、奇跡的な再会を果たす高校時代、そして中学から福田の背中を押し続ける親友・板倉(藤原丈一郎)、森(小島健)との日常が写し出されている。

 全く垢抜けない中学時代、夏休みを使ってちょっと髪を染めてみた高校時代、そしてお酒やリアルな恋愛を知りちょっぴり大人になった大学時代、働くことや人生を考え始めた社会人時代、その時代によって表情を変えるキャスト陣が見どころだ。

 原作者のFUKUDA(W)は「最初はドッキリかと思っていたドラマ化ですが、本当に放送されるんだ!と今でも信じられない感じです」と感想を。そして「現在の僕は…少しは大人になったと思…いえ、厨二のままですね。これ以上はネタバレに繋がるので言いません(笑)。しかし、厨二病全開なこの話。そのドラマ化を決められた日テレおよび関係者の皆様には、本当に頭が下がります。また、大橋さん、藤原さん、小島さん、福地さんが、どの様に僕達を演じて下さるかを、今から非常に楽しみにしています!」とコメントしている。

 シンドラ『消しゴムをくれた女子を好きになった。』は、日本テレビにて7月25日より毎週月曜24時59分放送。

【広告】

 ZAFUL

  注目のレディース・ファストファッション通販





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントは受け付けていません。