さだまさし、46年半ぶりグレープ復活コンサート発表 解散の地・神田共立講堂で一夜限り(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

シンガー・ソングライターのさだまさし(70)が、1972年にフォークデュオ「グレープ」を結成、翌73年にレコードデビューしてから50周年を迎えることを記念し、“相棒”吉田政美(69)と一夜限りのグレープ復活コンサートを、結成50周年を迎える11月3日に東京・神田共立講堂で開催することが決定した。

【写真】有村架純の父親役で連ドラ『石子と羽男』に出演中のさだまさし

 さだと吉田は高校時代に知り合い、のちに長崎で再会。72年11月3日にデュオを結成し、73年10月25日にシングル「雪の朝」でメジャーデビューした。「精霊流し」など数々のヒット曲を世に送り出したが、76年3月26日に解散。91年に洒落をきかせた“レーズン”の名前で限定的に活動したほか、さだのソロコンサートのステージやイベントなどにグレープとして登場したことはあったものの、グレープ名義でのコンサート開催は解散以来46年半ぶりとなる。

 一夜限りの復活コンサートの会場は、のちに“伝説”と呼ばれた「グレープ・ラストコンサート」の会場でもあった神田共立講堂。吉田拓郎、かぐや姫ら人気フォークシンガーがコンサートを行い、「フォークの聖地」と呼ばれた場所で、現在は学校関係者以外への貸出は原則行われていないなか、特別な計らいで開催が決まった。

 チケットは、さだまさしweb会員サイト「Mass@Mania」(マッサマニア)限定販売となるものの、後日有料配信予定となっている。

 さだは現在、ニューアルバム『孤悲』を引っ提げた全国ツアー『さだまさしコンサートツアー 2022~孤悲~』と並行し、TBS系ドラマ『石子と羽男 -そんなコトで訴えます?-』にも役者として出演中。8月6日にはNHK総合『ライブ・エール2022~明日(あした)への一歩~」に、野外イベント『稲佐山平和祈念音楽祭2022~長崎から世界へ~』の会場から生中継で出演し、名曲「広島の空」を歌唱予定。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)


・抜け毛や薄毛が気になる方に
・黒々と健康的な毛髪を維持したい方に
髪のphコントロールや、
頭皮のオイルバランスキープに役立つシャンプー

コメントは受け付けていません。