けやき坂46 ツアー完走、次なるステージへ走り出した!アンコールには休業中の影山優佳も登場(AbemaTIMES)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

10日、けやき坂46(ひらがなけやき)のツアー千秋楽となる幕張メッセの公演が行われた。

 ライブのコンセプトは“図書館“で、メンバーはSF、恋愛ドラマなど様々なイメージに合わせた設定で登場、曲間にはページをめくる仕草も見せた。

 この日のセットリストは、オープニングの『ひらがなで恋したい』に続き『おいで夏の境界線』(1期生)『最前列へ』(2期生)と、アップテンポの曲が続き、観客のテンションを高めていく。冒頭、“お姫様“の設定で現れた佐々木美玲は、ティアラを頭に載せたまま2曲をパフォーマンス。MCで「実は取れなくなって…」と明かすと、加藤史帆に「付けたいのかと思ってた」と突っ込まれていた。

 そんな加藤史帆は、MCで佐々木久美との絶妙な掛け合いを演じ、会場を笑わせた。まず「日本で一番ハッピーな時間にしましょう!」と呼びかける加藤に佐々木が「身体で表現して!」と無茶ぶりすると、加藤は全力でジャンプして応えてみせる。さらに「ツアーで起きたこと」をテーマに佐々木が話を振ると、加藤が初日公演で舞台上の隠し扉に入る際に「ロックが掛かっていて壁に激突しました。最強だから無傷だったけど…」と告白。すかさず佐々木は曲名に引っ掛けて「そこで“ロックをするな“と。…えっ、私がすべったみたい!」と焦っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です