かまいたち山内「バズ・ライトイヤー」舞台挨拶でビタミンSお兄ちゃんや守谷日和に感謝(お笑いナタリー)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:お笑いナタリー

ディズニー&ピクサーの新作映画「バズ・ライトイヤー」の公開初日舞台挨拶が本日7月1日に東京・TOHOシネマズ 六本木で実施され、吹替版キャストのかまいたち山内が登壇した。

【画像】かまいたち山内(他9件)

アンガス・マックレーンが監督を務める「バズ・ライトイヤー」は「トイ・ストーリー」シリーズに登場するキャラクター、バズ・ライトイヤーの誕生秘話を描いた作品。危険な惑星に不時着してしまったスペースレンジャーのバズは、乗組員と共に地球に帰還するため壮大な冒険を繰り広げる。既報の通り、日本語吹替版では山内がバズの相棒である猫型の友達ロボット・ソックス役を担当した。

舞台挨拶には同じく吹替版キャストの鈴木亮平、今田美桜、りょうも登壇。山内は「こういう場は初めてなので、OCEAN TOKYOで髪を切ってきたのですが、現場に来たらソックスを被らせてもらうということで(ヘアスタイルが見えなくなった)。自分でもビックリしています」と苦笑い。しかしソックスの被り物自体は気に入っているようで「持って帰りたい」「裏で女性スタッフに『かわいい』と言われて、平気な顔をしてましたけど、めちゃめちゃうれしいです」と述べ、鈴木も「かわいいしか出てこない」とその愛くるしさを絶賛した。

司会から作品の注目ポイントを聞かれた山内は「大阪のロケ番組で海に飛び込みまくっていた芸人が今、こんなことをしてるんだと思いながら観てほしい」と呼びかける。さらに「同期の仲間たちが刺激になった。誰かが売れそうになったら、みんなが『ヤバいヤバい!』となってがんばれた。僕の同期は皆さんが知っている人だと和牛、藤崎マーケット、天竺鼠、しずる、ハリセンボン。皆さんの知らない人だとビタミンSのお兄ちゃん、守谷日和。今は同期の中では頭3つ、いや4つ抜けられたのでよかったです(笑)。ちなみに守谷日和からは一切刺激はもらっていません」と話して会場の笑いを誘っていた。

【広告】

      【応援うちわ専門店 ファンクリ】

スマホやPCで簡単に作れる応援うちわ


コメントは受け付けていません。