かまいたちとノブコブ徳井が「M-1」語る、モグライダー&ランジャタイに電話(お笑いナタリー)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:お笑いナタリー

GYAO!の番組「かまいちょぱ byよしログ」に平成ノブシコブシ徳井が迎えられ、かまいたちと共に「M-1グランプリ2021」を語る様子が12月29日(水)から3週にわたり配信される。

番組内ではファイナリストのモグライダーとランジャタイに電話。決勝前の予想で敗者復活枠のハライチを的中させていた徳井が「モグライダーが優勝候補だった」と本人たちに伝えるほか、ランジャタイは来年の目標について伊藤が「『M-1』チャンピオンになりたい」、国崎が「ジム・キャリーになりたい」と話す。

ゆにばーすの決勝ネタの話題になると、かまいたちは「(漫才が)台本っぽくなく、いつもと違う感じがしたのでもっと点数がいってもいいと思った」(山内)、「僕らの漫才と似ていると思っていて。お互いボケてないというか、ボケらしいボケをいっていない」(濱家)とコメント。また、濱家はファイナルステージに臨んだオズワルドの些細な部分に着目し、「マイクスタンドに立つのが2秒早かったら結果は変わっていた。あえてそうしてるんだろうけど、決勝に関してはお客さんがちょっと待つことになってしまった」と語った。

徳井も「今回のM-1でわかったことがある。尖ったネタだけじゃ優勝できない! 笑い飯さんは優勝した年にあえて若い世代がいる学園祭でネタを披露していた。万人ウケするネタじゃないと優勝できない」と持論を展開。熱い漫才論に耳を傾けてみては。

■ GYAO!「かまいちょぱbyよしログ」配信スケジュール
#39:2021年12月29日(水)
#40:2022年1月5日(水)
#41:2022年1月12日(水)
毎週水曜0:00配信。

【広告】

手ブラ寄せ機能で自然な谷間

            タニマドンナ

↓  ↓  ↓

補整下着の専門通販
HEAVEN Japan公式オンラインショップ

コメントは受け付けていません。