お手本はジャニーズ 日本ブーム背景に“後追いアイドル”を大量生産【大ブーム!韓流

お手本はジャニーズ 日本ブーム背景に“後追いアイドル”を大量生産【大ブーム!韓流エンタメの光と影】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

【大ブーム!韓流エンタメの光と影】#6

 日本人の若者が韓国へ渡り、K―POPアイドルを目指す――。そんな現在からは想像しづらいが、かつて韓国が日本のアイドルを盛んに模倣していた時代があった。K―POPの成り立ちとそこに絡んでくる日本の存在について、簡単に振り返ってみよう。

 2010年に日本デビューし、一世を風靡した女性グループKARA。その成功の立役者が、所属事務所DSPメディアの設立者イ・ホヨンだ。彼は1987年、韓国初のアイドルグループともいわれる消防車(ソバンチャ)をデビューさせる。男性3人組の消防車は、派手なダンスパフォーマンスが若者に受けて大成功を収めた。この消防車のモデルとされるのが、ジャニーズアイドルの少年隊だ。

 イ・ホヨンは続いて、1992年にZAMという男性4人、女性1人のグループを世に送り出す。ZAMがコンセプトを拝借したのは、日本で大ヒットを飛ばしていたZOOだ。またZAMのリーダーだったチョ・ジンスは、1990年にYachaというグループでデビューしたこともある。

 ローラースケートをはいて踊るそのパフォーマンスの原型は、日本で全盛だった光GENJIだ。そのほか1988年デビューの女性3人組セトレは、当時アジアでも人気を博していた少女隊を真似てつくられた。

 こうした日本の後追いアイドルが次々とつくられた一因に、80~90年代の「日本ブーム」がある。韓国では70年代の高度経済成長を経て、80年代から10代が新しい消費の主役として台頭。そんな時代、若者の間ではファッションやアイドルなど日本のポップカルチャーがもてはやされていた。

90年代に「日本ブーム」が終焉

 だが90年代に入ると、ヒップホップをコンセプトにしたアイドルが10代を熱狂させる時代が訪れる。契機となったのは、1992年にデビューしたソテジワアイドゥルの大ブレークだ。続いて1996年、後に東方神起や少女時代を輩出するSMエンターテインメントから男性5人組グループH.O.T.がデビュー。ヒップホップを意識したアレンジ、高度なダンスを追求するパフォーマンス、また練習生を育成してメンバーに仕立てるシステムといったK―POPの原型は、このH.O.T.で確立された。

 90年代とともに、韓国の日本ブームは終わる。入れ替わるように始まったのが、日本の韓流ブームだ。それから十数年を経て、K―POPは日本に影響を与える立場となった。ますます世界へ進出していくその勢いは、まだ一向に止まる気配がない。(つづく)

▽高月靖(たかつき・やすし) 1965年、神戸市生まれ。ノンフィクションライター。韓国事情や性事情など各種社会事象を扱う。主著に「在日異人伝」「キム・イル 大木金太郎伝説」「独島中毒」「ロリコン」「南極1号伝説」などがある。

【関連記事】

引用:お手本はジャニーズ 日本ブーム背景に“後追いアイドル”を大量生産【大ブーム!韓流エンタメの光と影】

コメントは受け付けていません。