【YouTubeチャート】SEKAI NO OWARI「Habit」V2 今年最高の週間視聴回数獲得(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

今週(2022.6/10~6/16)YouTubeチャートTOP100の週間総視聴回数は先週比で25.0%増と大きく伸長して、22年度の最高を記録した。1千万の大台にのせた楽曲が2作登場したことが、その要因に挙げられる。TOP100の初登場作は15作(先週23作)となった。

【動画】今年最高の週間最高視聴回数を記録した「Habit」MV

 2週連続で1位となったのは、SEKAI NO OWARI「Habit」(視聴回数1447.9万回)。視聴回数は先週の約2.4倍に大きく跳ね上がり、週間視聴回数は今年最高を記録した。観ると思わず真似したくなるミュージックビデオ(MV)のダンスが注目を集め、TikTok等で大ヒット。さらには、人気YouTuber・ヒカキンとボーカル・Fukaseがコラボレーションした、MVの完全再現動画も公開されて大反響となっている。この後押しもあり、一気に人気が浸透したようだ。

 2位に初登場したのは、BTSの新曲「Yet To Come (The Most Beautiful Moment)」(同1120.6万回)。このほどリリ―スされたCD3枚組のアンソロジー・アルバム『Proof』のリード曲で、同曲以外にも、アルバム収録された新作、「Run BTS」(12位/同215.5万回)、「For Youth」(29位/同129.7万回)が上位に初登場。そのほか、49週にわたりTOP30入りを続けている「Permission to Dance」(22位/同153.7万回)、韓国デビュー9周年を記念して公開されたメンバー・JUNG KOOKの「My You」(21位/155.0万回)など、BTS関連作がTOP30内に計5作ランクインしている。

 3位に初登場したのは、名古屋在住のヒップホップグループ・nobodyknows+「ココロオドル」(同585.6万回)。18年前の2004年5月にリリースされ、オリコン週間シングルランキングで最高5位(2004.7/5付)となる大ヒットを記録し、その年の『NHK紅白歌合戦』に初出場した際にも披露された、代表作の1つである。当時、SEAMOやHOME MADE家族らとともに、名古屋発ヒップホップのムーブメントを作った彼らが、このほどYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」に初登場。本作を、今回だけのオリジナルアレンジで一発撮りパフォーマンスした。コメント欄には「あの頃の思い出がよみがえる」「楽し気に歌う姿に心躍る」といった感想が並んでおり、感動の輪が広がっている様子が見てとれる。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。