【2021年映画ランキング】100億超『シン・エヴァ』ほかアニメ強し! 続くコロナ禍の悲喜こもごも(クランクイン!)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:クランクイン!

2021年の国内映画興行収入ベスト10(2021年12月20日現在/推計概算)が興行通信社より発表された。昨年に引き続き、世界的な新型コロナウイルス感染拡大で多大な影響を受けた映画業界はどんな傾向があったのか――。ランキングを元に総括していく。

【写真】アニメ作品が3年連続年間トップ! 2021年興行収入トップ10

■アニメーション強し! 3作品が上位独占

 栄えあるランキング1位に輝いたのは、2007年から『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』として始動したシリーズ9年ぶりの新作にして最終章となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。2021年3月8日から約4ヵ月のロングラン上映が続き、最終的には2012年公開の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の興収53億円の2倍に迫る102.8億円という数字を叩き出した。

 2007年9月に公開されたシリーズ最初の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の興収が約20億円だったことを考えると、約5倍という驚くべき結果となった。国内の歴代興収は35位。当初は決して間口が広いとは言い難かったアニメ作品が14年という長い歳月を費やし、徐々にファン層を広げていったことは異例とも言えるだろう。ちなみに2019年以降、3年連続でアニメーション作品が年間ランキングトップに輝いている。

 2位の『名探偵コナン 緋色の弾丸』は76.5億円という結果に。ゴールデンウィーク映画の風物詩となっている劇場版シリーズだが、昨年は新型コロナウイルス感染拡大により公開を1年延期。満を持して2021年4月16日に公開されたが、不運にも10日後となる4月25日から5月11日まで東京・大阪・京都・兵庫の4都府県で3度目の緊急事態宣言が発出。ゴールデンウィークという大きな動員が見込める期間に大型シネコンが軒並み休館となってしまうなど、大きなハンデを背負った。それでも76億円超という数字を記録しており、完全に国民的アニメーションという地位の確立を印象づけた結果となった。

 3位は細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』(現在上映中)が、細田監督アニメーション映画史上最高興収65.4億円を記録しランクイン。本作はカンヌ映画祭「プルミエール部門」に日本映画として唯一選出され、細田監督も現地入りするなど、コロナ禍でも映画という共通言語で“世界とつながっている”ことをアピールできた。なお、2019年は『天気の子』、2020年は『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が日本の年間興収1位を獲得しており、今年は1~3位がアニメーション作品と“アニメ強し”の日本映画界を象徴するようなランキングとなった。

■実写ナンバー1は『東京リベンジャーズ』

 4位から8位までは邦画の実写作品がランクインした。4位の『東京リベンジャーズ』は、週刊少年マガジンで連載中の和久井健の人気コミックを、英勉監督で実写映画化した作品。同時期にアニメーションも放送されるという相乗効果もあり、実写映画ではナンバー1となる興収44.7億円を記録した。同じワーナー・ブラザース映画配給の『るろうに剣心』シリーズ第1作目の最終興収が30.1億円だったことを考えると好成績を挙げたと言える。テレビアニメの新作も決定しており、実写版の続編を望む声も日に日に増している。

 続く5位には、『るろうに剣心』シリーズの最終章2部作の前編にあたる『るろうに剣心 最終章 The Final』が、興収43.4億円を記録しランクイン。本作の公開日は2021年4月23日。『名探偵コナン 緋色の弾丸』でも触れたが、3度目の緊急事態宣言の2日前という非常に厳しい時期での公開は大きなハンデとなった。特に本作は、1ヵ月半後に後編となる『るろうに剣心 最終章 The Beginning』の公開が決まっていたため、大都市の約2週間に渡る劇場休館による影響は計り知れない。作品のクオリティが最高レベルのものだっただけに、より大きな数字が挙げられなかったことが残念でならない。

【広告】

SUNMEDICAL

    バストアップ専門約20年、信頼の医薬部外品!

【DelaFierte】



コメントは受け付けていません。