【国内映画ランキング】「シュガー・ラッシュ オンライン」V3!(映画.com)

・抜け毛や薄毛が気になる方

・黒々と健康的な毛髪を維持したい方

髪のphをコントロールし、

頭皮のオイルバランスをキープする

漢方のシャンプー

防掉髪洗髪露(控油平衡配方)

 

 

出典元:3週連続で首位

[映画.com ニュース] 1月5日~6日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。2019年最初の週末も「シュガー・ラッシュ オンライン」が首位を獲得し、3週連続首位で正月興行を制した。週末2日間で動員22万9602人、興収2億9433万7800円を稼ぎ、累計動員は217万3026人、興収は26億8702万3600円を記録。子どもから大人まで幅広い層を動員しており、息の長い興行が見込まれる。

 同じく2位をキープした「ボヘミアン・ラプソディ」は、週末2日間で動員22万8439人、興収3億3578万円をあげ、興収は「シュガー・ラッシュ オンライン」を上回った。累計動員は612万人、興収は84億5700万円を超え、2018年公開の洋画では「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(興収81億円)を抜き、ついに第1位に躍り出ている。これでイギリス、韓国を抜き、全米に次ぐ世界第2位の興行成績となり、興収100億円突破も現実味を帯びてきた。第76回ゴールデングローブ賞映画部門で作品賞(ドラマ)と主演男優賞(ドラマ)をダブル受賞し、さらなる後押しとなりそうだ。

 「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」も3位を維持。週末2日間で動員12万4000人、興収1億6700万円をあげ、累計動員は260万人、興収は33億5400万円を突破した。2015年に公開され、最終興収37.4億円を記録した前作「ドラゴンボールZ 復活の『F』」を超えることがほぼ確実となっている。

 昨年12月28日に公開された「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」は7位スタートだったが、この週末2日間で動員9万7000人、興収1億2400万円をあげ、オープニング2日間を上回って4位にランクアップ。累計動員は45万人、興収は5億5900万円を突破した。「アリー スター誕生」も前週の9位から7位に順位をあげている。

 新作の「ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow」は8位スタート。2015年に公開された前作「ラブライブ!The School Idol Movie」は最終興収28.4億円を記録した。

 なお、5位「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」は累計動員が443万人、興収61億円、6位「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」は動員101万人、興収12億円、9位「映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS」は動員93万人、興収10億円を突破している。

コメントは受け付けていません。