【全米映画ランキング】「スペース・プレイヤーズ」がV 「エスケープ・ルーム」続編は3位に(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

4本の新作がランクインした先週末の全米ボックスオフィスは、実写とアニメを融合させたスポーツコメディ「スペース・プレイヤーズ」が約3100万ドルのオープニング興収で首位デビューを飾った。

今週の全米映画ランキング

 同作はNBAのスーパースター、マイケル・ジョーダンが主演した「スペース・ジャム」の25年ぶりとなる続編。今回はロサンゼルス・レイカーズのスター選手、レブロン・ジェームズが本人役で主演し、バッグス・バニーやバットマン、ワンダーウーマンなどワーナー・ブラザース映画に登場するキャラクターが住むバーチャルワールドでeスポーツバトルを繰り広げる。批評家からは厳しいレビューが多く寄せられたが、ファミリー層を多く集客し、業界の予想を覆す首位デビューとなった。共演にドン・チードル、ゼンデイヤ、オシェア・ジャクソン・Jr。監督は「最終絶叫計画5」「ナイトスクール」のマルコム・D・リー。

 2位は前週首位の「ブラック・ウィドウ」。前週比67%ダウンで興収は約2600万ドル。10日間の累計を約1億3200万ドルとしている。

 OP興収約880万ドルで3位デビューとなったのは19年公開の心理スリラー「エスケープ・ルーム」の続編「Escape Room: Tournament of Champions」。かつて「脱出ゲーム」に強制参加させられ生き延びた男女6人が、再びゲームに参加させられるが、お互いに協力しながら黒幕に迫っていく。監督は前作と同じくアダム・ロビテル。

 4位はビン・ディーゼル主演の「ワイルド・スピード ジェットブレイク」。北米累計は1億5000万ドルを超え、全世界興収は約5億9130万ドルに。

 8位にはドキュメンタリー「Roadrunner: A Film About Anthony Bourdain」がランクイン。「キッチン・コンフィデンシャル」などの著作で知られたほか、TV番組の司会も務めるなど多方面で活躍し18年に死去したスターシェフ、アンソニー・ボーデイン氏の生涯とキャリアを辿った作品。メガホンをとったのは13年度のアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞作「バックコーラスの歌姫たち」のモーガン・ネビル。

 そして10位に入ったのはニコラス・ケイジ主演の「Pig」。米オレゴンのトリュフ採取人が採取用の豚を何者かに奪われ、かつて住んでいたポートランドで豚探しをする……という異色のスリラー。批評家からは絶賛評が多く集まっており、今後のチャートアクションに注目だ。共演に「ヘレディタリー 継承」のアレックス・ウルフ。監督は「Fight Night Legacy」「Olympia」などのTVシリーズを手がけ、本作が長編デビューとなるマイケル・サルノスキ。

 今週末は、M・ナイト・シャマラン監督の最新スリラー「オールド」、大ヒットSFアクションシリーズのスピンオフ「G.I.ジョー 漆黒のスネークアイズ」などが公開となる。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。