【ネタバレあり】量子物理学者に「映画『TENET テネット』がどうすさまじいのか

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

【ネタバレあり】量子物理学者に「映画『TENET テネット』がどうすさまじいのか」を教えてもらった

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ギズモード・ジャパン

クリストファー・ノーラン監督の最新作『TENET テネット』、もう観ました?

観たけど複雑すぎてよくわからなかったのは筆者だけではなかったはず。

【全画像をみる】【ネタバレあり】量子物理学者に「映画『TENET テネット』がどうすさまじいのか」を教えてもらった

そこで、作中に何度も登場した「エントロピー」という言葉について調べてから再度観に行ったんですが、それでもまだまだわからなかったよ…!!

ならばプロに解説していただくしか理解への道は拓けない。というわけで、『TENET テネット』の科学監修を担当された東京工業大学理学院物理学系助教の山崎詩郎先生にお話を伺ってきました。

山崎詩郎(やまざき・しろう)

東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。博士(理学)。量子物性の研究で日本物理学会第10回若手奨励賞を受賞。『インターステラー』(2014)を相対性理論で解説する会を全国で100回近く実施、雑誌への寄稿やweb連載を続けている。東京学芸大学の量子力学と相対性理論の講師にも抜擢される。コマ大戦で優勝したコマ博士の異名を持ち、NHKなどTV出演多数。著書に『独楽の科学』(講談社ブルーバックス)。

(たぶん)日本一『TENET』をわかってる山崎先生いわく、「わからないのが自然」

──『TENET テネット』(以下『TENET』)の科学監修とはどのようなお仕事だったのでしょうか?

山崎詩郎先生(以下山崎)
:映画の中に出てきた科学用語の翻訳が正しいかどうかをチェックするのが役目でした。やはり翻訳者の方も映画を観ていて「わからない」と言っていて、たとえば「entropy(エントロピー)」の理解に苦労してまして。最初は「エントロピーの反転」という表現が使われていたんですが、「エントロピーの減少」という言い方に直したりしました。

もともと『インターステラー(筆者注:ノーラン監督の前作)』をわかりやすく説明するという会を100回ぐらいやったのですが、そこからノーラン作品の公式ファンと思ってもらったみたいで、『TENET』の日本語字幕の科学監修にかかわれたわけです。私としてはノーラン作品が死ぬほど好きで、もう悲願達成といってもいいぐらいです。

仕事が終わったあと個人的に、英語を完全に聞き取れている翻訳者の方と、科学的に一応わかっているつもりの私がお互いの疑問点を解消していくというのを何時間も繰り返しまして、最終的には『TENET』の全てのシーンを図解できるようになりました。パワーポイントで120ページ分のスライドにまとまっています。

──すごい、まるで『TENET』虎の巻…!山崎先生のノーラン作品に対する熱い思いが伝わってくるようです。それにしても、翻訳者の方や先生でさえ『TENET 』を観てわからないことってあったんですね。

山崎
:わからないのがむしろ自然ですね。あれでわかったっていう人がいたら、絶対にウソついてると思います(笑)。物理を専門にしている私が5回観てもまだわからないですから。

【関連記事】

引用:【ネタバレあり】量子物理学者に「映画『TENET テネット』がどうすさまじいのか」を教えてもらった

コメントは受け付けていません。