【ネタバレあり】「トップガン マーヴェリック」バル・キルマーの声はAIが生成(映画.com)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:映画.com

36年ぶりに続編が公開された「トップガン マーヴェリック」に、主人公マーヴェリック(トム・クルーズ)のかつてのライバルであるアイスマンが登場している。

【若き日のアイスマン】36年前の劇中カット

※本記事は「トップガン マーヴェリック」の内容に触れている箇所があります。未見の方はご注意ください。

 アイスマンを演じるバル・キルマーは、「トップガン」をきっかけにハリウッドのトップ俳優の仲間入りを果たし、「ドアーズ」「バットマン・フォーエヴァー」「ヒート」「セイント」など話題作に出演。だが、2014年に咽頭がんの手術により、声が出せなくなってしまった。

 だが、主演のクルーズがキルマーの「トップガン マーヴェリック」出演を強く望んだこともあり、アイスマンも咽頭がんを患っている設定に変更。そのため、劇中でマーヴェリックとの会話は、主にテキストを通じて行われている。それでも、アイスマンは劇中で二言ほど肉声を発する。米フォーチュン誌によれば、この声は人工知能が生成したものだという。

 キルマーの肉声が録音された大量のフッテージをもとに、米ソナンティック社がキルマーの音声モデルを作成。「最終的には40種類以上の音声モデルを生成し、そのなかから最も良質で表現力のあるものを選びました」と、同社のジョン・フリン最高技術責任者は説明する。

 「トップガン マーヴェリック」に採用されているのは、同社のアルゴリズムを用いて作成された声だという。キルマーも、「忠実で馴染みのある声で語る機会を与えられたのは、最高の贈り物です」と、その品質を絶賛している。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                      バ イ セ ル

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。