【ちむどんどん】大森南朋、比嘉家の子どもたちへ「まっすぐ育ち幸せになって」(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

女優の黒島結菜がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説 『ちむどんどん』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。父・賢三を演じる大森南朋のコメントが到着した。

【キャスト相関図】黒島結菜、川口春奈ら…登場人物の関係をおさらい

 本作は今年で本土復帰50年となる沖縄が舞台。ヒロイン・黒島結菜は、豊かな自然に恵まれた「やんばる地方」のサトウキビ農家の次女として育つ比嘉暢子(のぶこ)を演じる。物語は、本土復帰前の1960年代からスタート。本土復帰となった1972年に高校を卒業した暢子は、東京へ。レストランで修行に励む中、人生を変える人々との出会い、そして運命の恋。愛する沖縄料理に夢をかけるヒロインと強い絆で結ばれた4兄妹の笑いと涙の「家族」と「ふるさと」の物語が描かれる。

――比嘉家について
とてもいい家族です。劇中の比嘉家と現場での僕らにも全く温度差がなくて。それくらい撮影中の空気もよかったですし、演じるにあたっても子どもたちが雰囲気を作ってくれました。わんぱくな賢秀(浅川大治)にしっかり者の良子(土屋希乃)、ハキハキした暢子(稲垣来泉)、かわいらしい歌子(布施愛織)と、それぞれキャラクターも立っていますね。

なかでも家族でご飯を食べるシーンは、誰かが悩んでいたら話を聞いたり、ときにはお父ちゃんがたしなめることもあったりと、平和でいいなとしみじみしました。食卓を囲みながら「こうした時間がまさに“幸せ”というものなんだ」と、優子さんと賢三が子どもたちに伝えているような感覚もあります。賢三と優子さんは苦労してきた背景があるぶん、平和に対する思いや平凡な幸せを求める気持ちが、そんな日常のシーンでもかいま見えるのかなと感じます。

子役時代の良子と歌子を見ていると、優子さんによく似ているなと思います。賢秀と暢子は賢三似なのかな? なかでも暢子は、いい意味で頑固というか、筋を通すところが賢三に似ています。一緒に料理をするシーンを演じていても互いに響き合うものがありましたし。そんな子どもたちがどう成長していくのか、いまから楽しみです。賢三は早くに亡くなってしまいますが、いつも家族を見守っていると思いますし、子どもたちにはそれぞれの夢に向かってまっすぐ育ち、幸せになってほしいと願うばかりです。

コメントは受け付けていません。