『Inscryption』のPS5/PS4版がアナウンス 脱出ゲームとサイコホラー要素を取り入れたデッキ構築型ローグライク(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

デッキ構築型のローグライクに、脱出ゲームとサイコホラーの要素を取り入れた『Inscryption』のPS5/PS4版がアナウンスされた。価格やリリース時期は不明。

「Inscryption」画像・動画ギャラリー

本作のベースにあるのは、デッキ構築型のローグライクゲーム。薄暗い小屋にて「レシー」なる人物とカードで対戦しながら、隠されている秘密を解き明かしていく。ストーリーや世界観の雰囲気作りや、生贄や血のコストなど不穏なルールなど、本作にはそこかしこにホラー要素がちりばめられており、プレイヤーを奇妙な世界観に引き込んでくる。IGN JAPANのレビューでは、メタフィクション展開が魅力のデッキビルドローグライクである点を賞賛しており、スコアは10点の満点を付けた。
本作の重要な要素の仕様により人を選びやすく、その部分に関してはレビューでも指摘している。場合によってはスコアの大ブレ要素になるものの、レビューを担当したライターの洋ナシには大きく刺さり、文句なしの満点となったようだ。本作についてはレビューも参考にしてほしいところだが、ゲームの性質上ある程度のネタバレを含んでいるので、注意したうえでレビューを参考にしてほしい。

そしてPlayStation.Blogでは、PS5版の限定機能も公開されている。本作では、プレイヤーの仲間として、しゃべるStoatカードが登場する。ゲーム中では、Stoatカードの声がDualSenseのスピーカーから発せられるため、まるで本当にStoatカードが手元にいるかのような体験ができるようだ。また、ゲーム内の雰囲気漂う照明がコントローラーから発せられるビジュアル的な連動要素もあるという。
ゲーム体験としてはちょっとしたスパイスだが、PS5版では没入感をより高めてくれそうだ。

コメントは受け付けていません。