『Apex Legends』や「タイタンフォール」シリーズなどを手がけたRespawnが新規IPの開発に着手(IGN JAPAN)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:IGN JAPAN

『Apex Legends』や「タイタンフォール」シリーズ、『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』などを手がけたRespawn Entertainmentが、新たなフランチャイズを一から開発することがわかった。
Respawnの代表であるヴィンス・ザンペラが、同スタジオの少人数チームが新たなメンバーを募集しているというツイートを引用し、このニュースを明らかにした。現在このチームは5人で構成されており、6人目となるコーダーを募集している。

「Apex Legends」画像・動画ギャラリー

「エキサイティングな新しいチャンスを探してる? Respawnの新プロジェクトは超エキサイティングな内容だよ。急げ!」
ザンペラのツイートからわかるように、新プロジェクトは開発の初期段階だ。ツイートは採用に関するものだが、Respawnが新規IPに取り組んでいることも同時に知らせている。つまりこれは、ツイートのリプライにもあるように、ファンが何年も望んでいた『タイタンフォール 3』ではなく、2019年の『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』の続編でもないということだ。
また、「タイタンフォール」か「スター・ウォーズ」ユニバースで描く続編ではない新しいゲームが作られる可能性については、どちらも既存のIPであることを考えると、かなり低い。ザンペラが引用した採用情報のツイートでは、このプロジェクトが「一から構築する新規IP」であることが明確に書かれている。
Respawnのサイトに掲載されている役職を見ると、少人数のチームは「”熱的死までの冒険”を可能にする新たな道を開拓」し、ゲームプレイを快適にすることができる人物を求めていることがわかる。募集しているのはコーダーであるため、求人情報からはプロジェクトの詳細はあまりわからない。

新規IPについて詳細が発表されるのを待つ間、『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』のレビューをチェックしておこう。そのほかRespawn関連ニュースとして、『Apex Legends』に登場する新レジェンド「ヴァルキリー」についても要チェックだ。

身体の不調でお悩みの方へ漢方の「位元堂」

 

コメントは受け付けていません。