『鎌倉殿の13人』曽我兄弟&善児登場に視聴者騒然「一気に不穏」「凄い展開」(クランクイン!)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:クランクイン!

小栗旬が主演を務める大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合ほか)第22回「義時の生きる道」が5日に放送され、敵討ちを画策する曽我兄弟が登場。下人の善児(梶原善)も姿を見せるとネット上には「一気に不穏」「凄い展開」などの反響が集まった。

【写真】征夷大将軍となったことを喜ぶ頼朝(大泉洋)と妻の政子(小池栄子) 『鎌倉殿の13人』第22回「義時の生きる道」場面カット

 ある日、北条時政(坂東彌十郎)は伊東祐親(浅野和之)の孫の曽我十郎(田邊和也)と曽我五郎(田中俊介)を鎌倉御所へと連れて来る。そんな中、時政は曽我兄弟から父・河津祐泰(山口祥行)を殺した工藤祐経(坪倉由幸)を討つつもりであることを知らされる。これを聞いた時政は「あっぱれな心がけじゃ」と兄弟を賞賛し、妻のりく(宮沢りえ)も「ぜひお討ちなさいませ」と背中を押す。

 時政から“父の敵討ち”への協力を取り付けた曽我兄弟が、喜び勇んで時政の部屋を後にすると、すぐそばの岩陰には下人・善児が潜んでいる。これまで数々の謀略の陰で暗躍してきた善児が姿を見せると、ネット上には「怖すぎるwww」「不気味!」「嫌な予感しかない」などのコメントが多数寄せられた。

 第22回の終盤では、曽我兄弟が比企能員(佐藤二朗)とも顔を合わせ、祐経を討つつもりであることを打ち明ける。さらに兄弟は、祐経だけでなく混乱に乗じて頼朝も討つつもりであることを告白し、時政が烏帽子親として協力することも比企に伝えるのだった。

 “曽我兄弟の仇討ち”は、能や歌舞伎、浮世絵、さらに映画などの題材となってきた歴史的事件の一つ。この事件に、時政が知らないところで“頼朝暗殺計画”も絡んでくるという展開に視聴者は騒然。ネット上には「殺伐とした展開」「ドロドロ度が増してきたな…」といった声や「地獄みたいな曽我兄弟の敵討ちだ」「一気に不穏になった」「うおおお凄い展開」などのコメントも続出していた。

【広告】


週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。