『鎌倉殿の13人』“ほのぼのエンド”からの急展開に騒然「ホラーすぎる」(ネタバレあり)(クランクイン!)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:クランクイン!

小栗旬が主演を務める大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合ほか)第29回「ままならぬ玉」が7月31日に放送され、ラストシーンで驚きの展開を迎えると、ネット上には「「ひいっ」て声出た」「オチがホラーすぎる」などの声が続出した。(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)

【写真】人型を用意する全成(新納慎也) 『鎌倉殿の13人』第29回「ままならぬ玉」場面カット

 比企家に強烈な対抗心を燃やす北条時政(坂東彌十郎)とその妻・りく(宮沢りえ)は、頼朝(大泉洋)の異母弟で僧の阿野全成(新納慎也)を呼び出す。やってきて全成にりくは、比企能員(佐藤二朗)が後見人を務める2代鎌倉殿・頼家(金子大地)に呪詛を行うように働きかける。

 義理の両親でもある時政とりくからの指示を聞き入れた全成は、木製の人型を作ると、頼家への呪詛を開始。連日にわたって呪文を唱える。一方、妻の実衣(宮澤エマ)は、そんな全成の怪しい行動に不審を抱き始める。

 第29回の終盤では、全成が甥でもある頼家に呪詛を行うことに罪悪感を覚えて改心。人型を回収すると、実衣にも全てを白状し謝罪する。実衣は反省している様子の全成を受け入れると、人型について冗談まじりに「全部集めてきたんでしょうねぇ? 残ってたらまたエラいことになりますよ」と話す。これに全成は笑顔で「大丈夫」と答えつつ、集めてきた人型を実衣に示しながら「いる?」と一言。実衣は呆れた様子で「いらない!」と答えるのだった。

 全成と実衣の仲睦まじいやりとりに対して、ネット上に「ちょっとイイ話になってる」「この夫婦はずっとこのままでいてほしい…」「仲直りできて良かった!」などの声が集まる中、第29回のラストカットでは回収されなかった1体の人型が映し出される。さらに何者かによってその人型が持ち去られる様子がショッキングな音楽と共に描かれて第29回が幕を閉じると「ほのぼのエンドと思ってたら不穏!!」「「ひいっ」て声出た」「オチがホラーすぎるやん」といったコメントが相次いでいた。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

美髪素


・白髪や抜け毛が気になりだした方に
・黒く艶やかで美しい毛髪にしたい方に

明朝時代の処方を基に作られた漢方薬です。

コメントは受け付けていません。