『鋼の錬金術師 完結編』2部作をつなぐ“完結予告”&本ポスター解禁 原作者・荒川弘コメントも(クランクイン!)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:クランクイン!

Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演を務め、2部作連続公開される映画『鋼の錬金術師 鋼の錬金術師 復讐者スカー』(5月20日公開)と『鋼の錬金術師 鋼の錬金術師 最後の錬成』(6月24日公開)。このたび、この2部作をつなぐ“完結”予告と本ポスター、原作者・荒川弘のコメントが解禁された。

【動画】映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』完結予告

 本作は、荒川弘の人気漫画を実写化し、2017年12月公開された『鋼の錬金術師』に続く、2部からなる完結編。前編『復讐者スカー』は、原作でも人気のキャラクターである、“傷の男(スカー)”が中心になる物語。後編『最後の錬成』は、原作のクライマックスシーンである“お父様”との戦いと、その後のエドとアル、そして仲間たちを描き、まさに完結編のタイトル通り、最終話までを描き切る。

 完結予告は、主人公エドワード・エルリック(山田)の「ちょっと行ってくるわ。鋼の錬金術師、最後の錬成にな」という名セリフとともに幕が上がる。続いて、かつて国家錬金術師が“人間兵器”として駆り出され多くの市民が犠牲となったイシュヴァ―ル殲滅戦の凄惨な場面や、エルリック兄弟達の前に立ちはだかる自身もホムンクルスであるという秘密を持つアメストリス軍の大総統キング・ブラッドレイ(舘ひろし)、国家錬金術師の連続殺人犯として登場する“傷の男”スカー(新田真剣佑)の隠された過去と恨みをエドにぶつける姿、物語の初期から登場し“嫉妬”を司るホムンクルスのエンヴィー(本郷奏多)など、それぞれの戦いに挑むキャラクター達が映し出される。

 そして、『最後の錬成』でその全貌が明らかになる、ホムンクルスたちの生みの親で国民の魂と引き換えに“完全な存在”になることを企てる、最後の敵“お父様”(内野聖陽)も登場。さらに“お父様”と瓜二つの姿でエドとアルの父親でもあるヴァン・ホーエンハイム(内野)も現れ、“お父様”の激しい攻撃からエドたちを守る姿も収めている。

 映像にはそのほか、ヒロインの機械鎧(オートメイル)技師ウィンリィ・ロックベル(本田翼)が泣き崩れる姿、焔の錬金術師であるロイ・マスタング大佐(ディーン・フジオカ)、本作から登場するオリヴィエ・ミラ・アームストロング(栗山千明)をはじめとしたとしたアメストリス軍の面々、そして東の大国であるシン国からやってきたリン・ヤオ(渡邊圭祐)の姿も。

 最後はエドの弟アルフォンス・エルリック(水石亜飛夢)が「あとは兄さんを信じる」と告げ、エドが「やめろ!」と絶叫する中で、錬金術を発動するところで終了。果たして、“お父様”とのすべてをかけた戦いの先に待つものとは。求め続けた身体と引き換えに兄弟が出した最後の答えとは。兄弟が歩んできた長い旅が、遂に完結する―。

 本ポスタービジュアルは、14名のキャラクターそれぞれが最終決戦へ向けて覚悟と決意の眼差しを見せる姿を配置したもの。その中心には、エドとアル、そして最後の敵である“お父様”の姿が。原作で描かれてきた壮大な世界観やストーリーを感じさせる、スケールの大きいビジュアルに仕上がっている。

 また今回、一足先に『復讐者スカー』を鑑賞した原作者の荒川弘のコメントも到着。荒川は「原作が凝縮されているので、イベントが目白押し。本当に全部が見どころなので、原作ファンのみなさまにも是非観ていただきたいです。『最後の錬成』が楽しみです!期待しかないですね!」とコメント。

 見どころについては「エドたちとシン組が戦うシーンからワクワクし通しでした。中でもランファンはとてもカッコよかったです! エド役の山田くんも、益々演技の感情の幅が豊かになって、とても魅力的な主人公になっていました。あと翼ちゃんの泣く演技には、もらい泣きしてしまいました。でも、一番泣いたのはフ―爺さんのところ。あぁ、実写だとこうなるんだなと。自分で描いたお話なんですけど、CGの進歩の凄さと相まって、終始新鮮な気持ちで作品を楽しむことができました」と語っている。

 映画『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』2部作は、前編『復讐者スカー』が5月20日、後編『最後の錬成』が6月24日より公開。


コメントは受け付けていません。