『真夜中のミサ』のマイク・フラナガン監督が、Netflixでエドガー・アラン・ポーの小説をドラマ化!(IGN JAPAN)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:IGN JAPAN

ホラー作品の監督として知られるマイク・フラナガンが、Netflixで新作ドラマシリーズに取り組んでおり、エドガー・アラン・ポーが執筆した物語が下敷きになるという。
Netflixが公式Twitterアカウントで、エドガー・アラン・ポーによる複数の作品を下敷きにした『The Fall of the House of Usher(原題)』を、フラナガンが制作すると発表。その複数作品には、1893年に出版されたゴシック小説「アッシャー家の崩壊」が含まれていると思われ、のちに同作は、ポーのゴシック・フィクション集「ポー怪奇・探偵小説集」にも収録されて出版された。

「Midnight Mass [Netflix]」画像・動画ギャラリー

最近、フラナガンはNetflixのリミテッドシリーズを制作して名を馳せ、彼が最初に手掛けた2作『ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス』と『ザ・ホーンティング・オブ・ブライマナー』も著名な古典ホラー小説の脚色となる。その後にフラナガンは、自身によるオリジナルの物語をドラマ化した『真夜中のミサ』をリリース。1994年に出版されたクリストファー・パイクの小説「The Midnight Club(原題)」の脚色と、同じくパイクによる火星を舞台にした1992年のホラー小説「The Season of Passage」の映像化にも取り組んでいる。

批評家による『真夜中のミサ』の評価は高く、IGN USは10点満点中9点を与え、「これまでのフラナガンの作品で最高」だとレビュー。テレビ作品で仕事をする前、フラナガンは映画『サイレンス』や『オキュラス/怨霊鏡』、『ジェラルドのゲーム』の監督で知られていた。スティーヴン・キングの大ファンである彼は、『ドクター・スリープ』でもメガホンを取っている。

【広告】

おいしく・楽しく

                                【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。