『犬ヶ島』手作りだからこそのパペットの魅力!制作リーダー語る(シネマトゥデイ)

ウェス・アンダーソン監督が『ファンタスティックMr.FOX』(2011)に次いで手掛けたストップモーションアニメーション『犬ヶ島』(公開中)。日本文化のユニークな表現やスリリングな冒険譚とともに、主人公の少年アタリや犬たちのパペットも見どころとなっている。作られたパペットの総数は1,000体を超えるという本作で、パペット制作のリーダーを務めたアンディ・ジェントが、手作りにこだわったパペット制作の苦労や魅力について語った。

目を見張るパペットの精巧さ!『犬ヶ島』予告編【動画】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です