『汝の名』第3話 “陶子”山崎紘菜と“亮介”NAOTOの出会いに妹“久恵”北乃きいは不安を覚える(クランクイン!)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:クランクイン!

女優の山崎紘菜と北乃きいがダブル主演するドラマ『汝の名』第3話が今夜放送。ホテルグループ経営の御曹司・壱岐亮介(EXILE NAOTO)と出会い、彼に惹かれ合っていく陶子(山崎)。姉とのk何形成が壊れ捨てられてしまうのではないかと不安に苛まれた久恵(北乃)は、姉のデート現場に向かってしまう。

【写真】陶子(山崎紘菜)の前に突如現れた御曹司・壱岐亮介(EXILE NAOTO)

 明野照葉の同名小説を実写化する本作は、「女王様」と「奴隷」のような関係を築き上げてきた勝ち組の姉と負け組の妹が、憎しみ合いながらも心の奥底で依存し合う…ひた隠しにされている女の感情の「負」が惜しげもなくちりばめられたホラーサスペンス。誰もがうらやむ美貌と才能を持ち、自信に満ちあふれた若き社長で姉・麻生陶子を山崎が演じ、口数が少なく陰気で、輝く姉に必要とされることでのみ存在意義を感じる妹・麻生久恵を北乃が演じる。

【第3話あらすじ】
 
 ホテルグループ経営の御曹司・壱岐亮介(EXILE NAOTO)と出会い、ご機嫌で帰宅する陶子(山崎紘菜)。その日の夕刊に、名義を譲り受けた本物の麻生陶子(長井短)が薬物による急性中毒で死亡した記事を見つける。不安がる陶子を久恵(北乃きい)は、これは良いことだと勇気づける。後日、亮介は紫の薔薇の花束を持って陶子のオフィスに訪れる。人に夢を与える仕事をする自分と陶子は似ていると告げ、強引に口説いていく。

 花束を抱えて帰宅する陶子。普段と異なりうれしそうな様子に、久恵は陶子との関係性が壊れ、捨てられてしまうのではないかと恐れる。さらに、元同僚からの手紙で元カレの結婚と子どもが生まれることや、自分を馬鹿にしていた元同僚も結婚することを知った久恵は、不安に苛まれて陶子と亮介のデート現場に向かうが、陶子に無視されてしまう。

 ドラマ『汝の名』は、テレビ東京、テレビ北海道、テレビせとうちにて毎週火曜24時30分放送。Paraviにて全話先行配信。

コメントは受け付けていません。