『最愛』高橋文哉、難役チャレンジに醍醐味「葛藤から解放された新たな優を届けたい」(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

吉高由里子主演で、『アンナチュラル』『MIU404』(共にTBS系)の新井順子プロデューサーと塚原あゆ子監督が再タッグを組むドラマ『最愛』(TBS系/毎週金曜22時)。主人公の真田梨央(吉高)が15年前と現在に起きた2つの殺人事件に翻弄される様をオリジナルで描き、SNS上ではストーリー考察が盛り上がっている。そんな中、第4話ラストでは事件の犯人が、高橋文哉演じる梨央の失踪していた弟・優だったことが判明。12日に放送された第5話でも衝撃の展開が描かれた。今回、高橋にインタビューし、物語のキーパーソンを演じる心境や本作の見どころ、最愛の姉役を演じる吉高の印象などを聞いた。

【写真】“最愛の姉”吉高由里子とのシーンでは優の素直な感情を出せたという高橋文哉

◆難役挑戦もプライベートはフラットに

 完全オリジナルとなる本作は、殺人事件の重要参考人となった実業家・梨央と、梨央の初恋の相手で事件の真相を追う刑事・宮崎大輝(松下洸平)、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬賢一郎(井浦新)の3人を中心に描くラブサスペンス。

 4月クールに放送された『着飾る恋には理由があって』(TBS系)に続き、新井Pと塚原監督の作品に出演することになった高橋。オファーを聞いた時の心境を問うと、「全然違う役でまたご一緒できるのは、役者としての楽しみでもあり醍醐味。すごくうれしかったです」と爽やかな笑みを見せ、「塚原さんと新井さんが作り上げる『これぞTBSの金曜22時のドラマ』といった作風で、間違いなく盛り上がる作品になると思いました。出演させていただきますが、作品自体に対する期待値が高く、楽しみでした」と目を輝かせる。

 15年前の2006年、9歳の時、大好きな姉の梨央が渡辺康介(朝井大智)に襲われているところを助けようとして康介を刺してしまうが、幼少期の事故による興奮すると記憶の一部を失ってしまう記憶障害からそれを忘れていた優。2007年から梨央と共に東京で暮らしていたが、2012年に「僕は人を殺した」という手紙を残し、失踪。失踪後は生田誠と名乗り、後藤(及川光博)の指示で会社の情報や梨央の素行を探る「情報屋」として素性を隠して生きてきた。
 
 数奇な運命を歩む優という役について、高橋は「すごく人想いで、姉ちゃんが大好きで、大ちゃん(大輝)や加瀬さんなど、姉ちゃんの周りの人たちも大切にしていて。姉ちゃんのためになら自分はつらくても生きていけると思えるくらい、優の最愛は姉だと思います。あと、自分のやったことを素直に受け入れられる男の子」と表現。「そういう感情を自分の中でかみしめて、1つ1つの思いを大切にしながら演じています」と凛々しい表情で語る。

 難しい役どころになるが、役をプライベートで引きずることはないそうで、「僕はオンオフが全くないタイプ。どんな役をやっている時でもわりとフラットですね。基本的に家の中にいる時はご飯食べているか、テレビ見ているか、台本を読んでいるか。この作品では方言を話すこともあり、いただいた方言の音声を耳に入れながら台本を覚えています」と明かす。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(防屑配方)


・毛髪に残るフケが気になる方に
・健康的な頭皮と毛髪を維持したい方に

フケ防止用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントは受け付けていません。