『最愛』パフェを頬張る“加瀬”井浦新に視聴者キュン 公式ツイッターのオフショットにも反響(クランクイン!)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:クランクイン!

女優の吉高由里子が主演を務め、俳優の松下洸平、井浦新が共演するドラマ『最愛』(TBS系/毎週金曜22時)の第6話が19日に放送され、弟・優(高橋文哉)が勾留され混乱する梨央(吉高)を落ち着けようと、弁護士の加瀬がカフェへと連れていくシーンに、ネット上には「可愛すぎやってええええ」「萌なんですけど…」といった反響が巻き起こった。

【写真】吉高由里子&井浦新、パフェを前にほほ笑む2ショット

 加瀬(井浦)は、警察で任意の事情聴取を受ける優(高橋文哉)と面会。15年前の事件だけでなく池から遺体として発見された昭(酒向芳)の殺害も自らの犯行であると告げられる。そんな優に対して、加瀬は“はっきり覚えてないなら、取調べの時なにも喋らないで”とアドバイス。しかし優は刑事からの取り調べで「僕がやりました」と自供。そのまま逮捕・勾留されてしまう。

 最愛の弟・優の逮捕を知った梨央は一人で警察署へ。心配のあまり取り乱す梨央を見かねた加瀬は「一旦、落ち着こう…」と声をかける。すると場面が変わり女性客でいっぱいのカフェが映し出される。店内のテーブルに向かい合って座る加瀬と梨央。黙り込んで目の前のパフェに手をつけようとしない梨央とは対照的に、加瀬はパフェを頬張っている。加瀬は、梨央がようやく一口食べたのを確認すると、安心した様子で微笑みながらパフェを食べ続けるのだった。このシーンに、ネット上には「加瀬さん×パフェは可愛すぎやってええええ」「萌なんですけど…」「パフェ食べる加瀬さんにめろめろめろきゅん」などの声が殺到。

 さらに梨央から「なんでこんなかわいいお店知ってるの?」と聞かれた加瀬が戸惑いながら「え…言わなきゃだめ? それ」と照れ笑いを浮かべる姿にも「脚本最高だ…」「愛らし過ぎてぶっとんだwww」「これがこれこそが、“尊い”ってやつだろ!!?? なぁ!?!?」といった投稿も相次いだ。

 第6話放送から一夜明けた20日の朝、公式ツイッターは「実は甘いものが大好きな加瀬さん」というコメントと共に、カフェシーンのオフショットを公開。写真にはパフェを手に持った吉高と井浦のリラックスした笑顔が収められている。公式ツイッターはこのシーンについて、投稿の中で「梨央を元気づけたいと、行ってみたいと思っていた店に訪れたのでした」と解説。このツイートに対して視聴者からは「てっきり加瀬さんの行きつけかと思った」「このシーン凄く良かったです」「スイーツ男子加瀬さん可愛すぎます」などの反響も集まっている。

【広告】

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

                    「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。