『映画ドラえもん』脚本家・古沢良太氏が初参戦 空に浮かぶ理想郷が舞台(オリコン)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:オリコン

来年の春(2023年3月)に公開される映画ドラえもんシリーズ最新作(42作目)のタイトルが『映画ドラえもん のび太と空の理想郷(ユートピア)』に決定。完全新作となる本作の脚本は、『相棒』、『ALWAYS 三丁目の夕日』、『リーガルハイ』、『デート~恋とはどんなものかしら』、『コンフィデンスマンJP』などで腕を振ってきた古沢良太氏が担当。来年のNHK大河ドラマ『どうする家康』の脚本も手がけており、来春は古沢作品の話題で持ちきりになりそうだ。

【動画】『映画ドラえもん のび太と空の理想郷』特報映像

 古沢氏が初めて書き下ろすドラえもんの物語は、空に浮かぶ、誰もが幸せに暮らせて何もかもが完璧な世界<理想郷(ユートピア)>が舞台。大昔から多くの冒険家たちが夢見たアトランティスや竜宮城といった、誰もが一度は想像したことがある夢のようなユートピアを探しに、ドラえもんたちが空をかける大冒険へと飛び立つにS(すこし)・F(ふしぎ)なストーリー。

 脚本の依頼を受けた時は、あまりに恐れ多いことと断るつもりだったというが、「ドラえもんは不世出の天才が遺した偉大な宝であり、それを守り継いできた数多の素晴らしいクリエイターたちの末席に加われるのならこんなに名誉なことはありません。また冒険に出ようと決め、あの頃の僕らと、今の子どもたちのために一生懸命書きました。皆さんものび太やドラえもんたちと一緒に、大空の大冒険に出て、わくわくどきどきしてもらえたらうれしいです」と、コメントを寄せている。

 監督は、テレビシリーズの『ドラえもん』の演出を数多く手がける堂山卓見氏。映画ドラえもんシリーズ初監督への大抜てきに、「映画ドラえもん第一作『のび太の恐竜』が公開されたのは、僕が生まれた1980年のことでした。そんな歴史ある作品に関われるだけでも光栄なことなのに、いきなり監督のお話をいただき、喜びや感激を感じる前にびっくりしたというのが正直なところです」と、思いを伝えている。

 本作の最新ビジュアルと特報映像も解禁。特報映像でドラえもんたちが乗り込んでいるのは、今作オリジナルのひみつ道具でタイムワープ機能付きの飛行船“タイムツェッペリン”。一体どんな飛行船になっているのか、新たなひみつ道具に期待が膨らむ。

■監督:堂山卓見のコメント

 映画ドラえもん第一作『のび太の恐竜』が公開されたのは、僕が生まれた1980年のことでした。そんな歴史ある作品に関われるだけでも光栄なことなのに、いきなり監督のお話をいただき、喜びや感激を感じる前にびっくりしたというのが正直なところです。

 今回のお話の舞台は大空です。いつの時代も人は空に憧れを抱いてきました。ドラえもんにはたくさんの「空を自由に」飛べる未来のひみつ道具が出てきますが、いろんな乗り物で世界中の空を飛べるようになった現代でも、一つ一つのひみつ道具に詰まった大きな夢はとても魅力的です。

 そんなひみつ道具の力も借りながら、数多くの作品で人々を魅了する脚本を書かれている古沢良太さんとともに、映画を観終わった皆様が幸せな気持ちで空を見上げられるような、素敵な作品を作りたいと思います

■脚本:古沢良太のコメント

 近所の友達と自転車に乗って、方角を決めてひたすら進み、知らない街で日が沈み、心細くなって迷いながら帰る。そんな遊びをよくしていた。たしか「冒険」と呼んでいたっけ。

 最初に脚本のお話を頂いたとき、あまりに恐れ多いことでお断りするつもりでしたが、脳裏によみがえって仕方なかったのが、そんな少年の風景の数々でした。

 それらは、大魔境、海底鬼岩城、魔界大冒険といった名作の数々にわくわくどきどきし、のび太たちの冒険への羨望から来たものだったに違いありません。
藤子・F・不二雄先生は間違いなく、僕に創作者へのあこがれを最初に抱かせてくれた方です。

 ドラえもんは不世出の天才が遺した偉大な宝であり、それを守り継いできた数多の素晴らしいクリエイターたちの末席に加われるのならこんなに名誉なことはありません。

 また冒険に出ようと決め、あの頃の僕らと、今の子供たちのために一生懸命書きました。皆さんものび太やドラえもんたちと一緒に、大空の大冒険に出て、わくわくどきどきしてもらえたらうれしいです。

コメントは受け付けていません。