『星野源ANN』で紹介の書籍が異例の反響で重版 “ネタバレ徹底回避”が話題呼ぶ(オリコン)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:オリコン

音楽家で俳優の星野源がパーソナリティーを務める、ニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン(ANN)』(毎週火曜 深1:00)。12日深夜放送の同番組内で紹介された、アンディ・ウィアー氏の書籍『プロジェクト・ヘイル・メアリー』(早川書房)が、放送後に異例の売上を見せている。

【写真あり】星野源のツイッターに“ニセ明”登場

 番組内で、星野はテレビプロデューサーの佐久間宣行氏から同書を勧められていたタイミングで、伊賀大介氏から「すごく面白かったので、よかったら読んでください」と貸してもらったと告白。その際に、とにかくネタバレを避ける形で読んでもらいたく「本の帯すら読まないほうがいい」と帯を外した状態で渡されて、読み始めたところ「もう面白くて!」と虜になったと明かした。

 こうした経緯があることから、ネタバレを避ける形で作品の魅力を伝えた星野は「説明文を読んでも面白いと思うけど、僕は何も見ないで読んだことで『何が起こっているのか?』『うぉー!』と感じながら読むのが楽しかった」と打ち明け、作品の内容も考慮して、あくまでタイトル名だけ共有するので、リスナーがこれをきっかけにSNSなどで紹介する際にも、協力してほしいと呼びかけた。

 リスナーの間でも、この約束事が共有されたため「何かわからないけど、すごく面白そう」と同書のタイトルが一気に広まり、放送後から反響が相次いで寄せられる形に。早川書房によると、上下合わせて累計4.7万部(電子書籍込み)で、星野が紹介したことによる反響の大きさから重版を決定。放送後、ネット、リアル書店での反応もかなりあったようで、新たな読者層にリーチした結果、同ジャンルの書籍としては異例の売上を記録している。

 同書の担当編集は「星野源さんは、この本の魅力をすごく上手に薦められていて、それでリスナーの方が読んでみたいと感じたのだと思います」と異例の売れ行きについて説明。「あらすじや本の帯など、事前の情報を入れずに読んでほしい、星野さんは『これは何が起こってるのか?』っていうのを感じながら読むのがすごく楽しかった、おすすめですと、語られていましたが、他の方からもおすすめしたいけれど内容を知らずに読んでほしいから詳しく言えない、とにかく読んでほしい、といった声を多くいただいております」と呼びかけている。

 タイトルだけが伝播して、同書を手に取る人が増えている『プロジェクト・ヘイル・メアリー』旋風は、今しばらく続きそうだ。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聴取可能。きょう19日深夜には「箱番組総選挙2022」を開催する。7つの箱番組「雅マモルの恋はホップステップジャンプ!!」「ポメラニアンと上柳昌彦のオールナイトニッポン」「寺坂直毅のデパートに愛を誓って!」「宮森かわらの統計が出ています」「野上大貴の生でガミガミいかせて!」「MC落合の恋におち合い▼(ハート)めぐり合い」をオンエアし、審査員長に山岸聖太を迎える。

【広告】

                                株式会社宝島社

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。