『家政夫のミタゾノ』初回にティモンディ高岸が登場 松岡昌宏「すごくいいバランス」(オリコン)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:オリコン

TOKIOの松岡昌宏が演じる、女装した大柄な家政夫・三田園薫(通称:ミタゾノさん)が、派遣された家庭・家族の内情をのぞき見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマシリーズ『家政夫のミタゾノ』(毎週金曜 後11:15~)の第5シリーズが、きょう22日にスタートする。

【場面カット】三田園とのシーンが鍵に? 作業服を着て何かを見つけた高岸

 家事のスキルは完璧、でも無表情で何を考えているのかわからない上、なぜか女装しているという謎多き“最強の家政夫”ミタゾノさん。依頼人の家庭の内情をのぞき見しては、その秘密をネタにその家を崩壊させるのが趣味、というなんともハタ迷惑な家政夫だが、そのダークヒーローぶりが視聴者を独特な爽快感へといざない、“家政夫(婦)ドラマ界”に確実に新たなページを刻み込み続けている。

 レディース同士の抗争、そのど真ん中で犬を抱きかかえ佇む三田園薫から物語は始まる。抗争の場でたまたま出会った元レディースのリーダー・本仮屋素子(山本舞香)は、すっかり三田園に惚れ込み、「姐さん」と慕って『むすび家政婦紹介所』へ。新人家政婦となった素子、そして相棒の村田光(伊野尾慧)とともに三田園が向かったのは、理事長のセクハラ問題に揺れる私立栄林学園副理事長・林田正美の自宅だった。古めかしい校則に縛られた学園の体質を変えようと、話し合いが行われようとしている中、三田園はこの家にうごめく思惑を察知し、泊まり込みでの業務を申し出る。果たしてそこで三田園が“のぞき見た”ものとは…?

 理事長の娘にして学園の副理事長を務める林田正美を演じるのは、松岡と四半世紀ぶりのドラマ共演となる観月ありさ。そして今夜の放送には、人気お笑いコンビ・ティモンディの高岸宏行も登場する。現在放送中のNHK大河ドラマにも出演するなど、俳優としてのキャリアも着実に積み上げている高岸が、テレビ朝日のドラマに初登場する。『家政夫のミタゾノ』で、三田園薫といったいどんな絡みを見せるのか、登場するシーンも合わせて、ぜひお楽しみに!

■松岡昌宏(三田園薫・役) コメント
『13歳のハローワーク』以来の共演となる(山本)舞香がすごくいい風を吹かせてくれています。彼女は子どもの頃から変わっていない、近所のお姉ちゃんみたいな存在で、現場でも「アニキ、アニキ」って言いながら僕の後ろをついて回っています(笑)。ドラマの中では「姐さん」って呼ばれてるんですけどね…(笑)。そして真ん中にはふにゃふにゃした伊野尾(慧)がいて、すごくいいバランスで第5シリーズが始まった気がしています。
『家政夫のミタゾノ』がスタートした時は30代でしたが、僕も今年45歳。その歳、その歳でしかできない三田園薫ができていると思います。そして、時事ネタがたくさん盛り込まれているのもミタゾノならでは。見てくれた皆さんが、「三田園が斬ってくれた」っていう爽快感を持って楽しんでいただけたらうれしいです。こんな時代ですので、肩の力を抜いて、お酒でも一杯飲みながら家族みなさんで楽しんでください。

【広告】

                              SUGAR BISKET

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントは受け付けていません。